ニュース
» 2021年01月26日 10時00分 公開

国内の“倉庫内”物流テック市場に成長の兆し その背景は――矢野経済研究所

WMS(倉庫管理システム)などのクラウドサービス、作業支援の音声認識システムなどを提供する「倉庫内物流テック」は、2015年前後から導入件数が伸びており、今後も伸長の見込み。特にAIやRFIDの活用は、2021年に物流現場への本格導入が進むという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 矢野経済研究所は2021年1月25日、国内の「倉庫内物流テック市場」についてテクノロジー分野別の市場動向や将来展望を発表した。

 「物流テック」とは、最新のIT技術を用いた物流に関するシステムサービス分野。今回の調査における「物流テック市場」は、そのうち、倉庫内に関わるソフトウェア市場を指し、入出庫や在庫を管理する「クラウド型WMS(Warehouse Management System:倉庫管理システム)」、トラックの入出庫を管理する「バース予約/受付システム」、作業員の出退勤/作業内容を管理する「作業の可視化/業務日報のデジタル化ツール」、各種作業を支援する「音声認識システム」や「AI」「RFID(radio frequency identifier)」などを対象としている。

Photo 物流テック市場の定義(出典:矢野経済研究所)

 なお、調査は、物流システム/サービス提供事業者を対象に2020年10〜12月に実施した。

“倉庫内”物流テック市場が熱い――その根拠は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ