ニュース
» 2020年07月07日 12時00分 公開

テレワークでの「Web会議システム」利用率は約8割 アフターコロナも市場拡大の見通し――矢野経済研究所

矢野経済研究所の調査によると、コロナ対策によるテレワークで最も利用されたオンラインツールは「Web会議システム」で、利用率は約8割に上った。今後もBCP対策需要などが見込まれ、Web会議システムを中心としたテレワーク関連ソリューション市場は拡大の見通しだという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 矢野経済研究所は2020年7月6日、国内のテレワーク関連ソリューション市場調査の結果として、緊急事態宣言下のテレワークでのITツール利用状況、ビデオ・Web会議システム市場の動向、テレワーク関連ソリューション市場の展望などを発表した。

 なお、テレワーク関連ソリューションとは、テレワークで利用されるITソリューションを指し、今回の調査では特に「Web会議システム」「ビジネスチャットツール」「オンラインストレージ」「タスクプロジェクト管理ツール」の4種類のオンラインツールを対象にしている。

テレワークに利用のITツール、Web会議システムが最多――反対に利用度が低かったのは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ