ニュース
» 2021年02月02日 08時00分 公開

「予約日に患者が来ない」を解決した病院システムとはプレミアムコンテンツ

診療予約や病床管理といった分野は、ITによるイノベーションの余地が大きいと期待されている。予約の無断キャンセルの低減や、病床稼働率の改善にITを生かした米国の医療グループの事例を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 医療サービスのワークフロー改善にはITが貢献できる余地がまだある。医療機関はITをうまく活用すれば、長期に渡って組織とシステムの両方を変えることができる。

 米国の医療グループMontefiore Medical Centerは、診察予約日に来院しない患者を減らす方法を模索していた。同施設は新たな来院支援システムを導入し、診療予約の無断キャンセル率を下げることができた。患者の在院日数の長期化と病床稼働率の問題に頭を悩ませていた医療グループHartford HealthCareは、必要な病床や空き病床の予測に人工知能(AI)技術を役立てようとしている。

 本資料は、医療の質の向上にITを活用した幾つかの施設の事例を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ