ニュース
» 2021年02月10日 12時31分 公開

上水道処理施設にサイバー攻撃が発生、社会インフラ管理がはらむリスクがあらわに

フロリダ州の上水道処理施設が不正侵入を受けた。攻撃者は遠隔から水道水に混ぜる水酸化ナトリウムの量を変更することに成功したという。身近な社会インフラへの攻撃だったことから市民に動揺が広がる事態となった。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 サイバーセキュリティ企業のCybereasonは2021年2月9日(現地時間)に公開した公式ブログ記事において、フロリダ州の上水道処理施設がサイバー攻撃者の不正侵入を受けたことを伝えた。

 攻撃者はオペレーターが監視していた上水道処理施設のコンピュータシステムに侵入し、遠隔から幾つかの機能を開き、水中の水酸化ナトリウム量の設定を100ppmから1万11000ppmへ変更したという。オペレーターはサイバー攻撃者の不審な動きを受けて直ちに水酸化ナトリウムの量を以前のレベルまで減らしたため、重大な影響は出ていないとされる。

We are rewriting the rules on how organizations protect themselves against rapidly evolving adversaries We are rewriting the rules on how organizations protect themselves against rapidly evolving adversaries

侵入を許したきっかけは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ