ITmedia DX
ニュース
» 2021年02月15日 07時00分 公開

産学官でデジタル化を推進 シスコが日本政府との連携を発表

シスコは、同社のプログラムを通じた日本政府との連携を発表した。産学官と連携することで、公共インフラや教育のデジタル化、テレワーク推進、医療、サプライチェーン、規制改革、5Gなどの分野でのデジタル活用を推進する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 シスコシステムズ(以下、シスコ)は2021年2月12日、同社の「Country Digital Acceleration(CDA)プログラム」を通じた日本政府との連携を発表した。日本政府のデジタルトランスフォーメーション(DX)や「Society 5.0」に向けた取り組みを支援する。

 CDAプログラムは、同社が国や州、地方自治体とソリューションを共同開発することで各地のDXを支援する取り組みだ。シスコによると、同プログラムは、世界40カ国の政府や産業界、学界と協力して、さまざまな分野で900以上のプロジェクトを実施中または完了しているという。

 シスコは、産学官と連携することで、公共インフラや教育のデジタル化、テレワーク推進、医療、サプライチェーン、規制改革、5G(第5世代移動通信システム)などのキーワードで施策を推進する。

産学官のデジタル化を強力に推進 連携による各分野の注力内容とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ