ニュース
» 2021年02月26日 11時00分 公開

荏原製作所、グローバル経営体制の強化に向け、SAP S/4HANAで基幹業務システムを刷新

荏原製作所は、グローバル経営体制の強化に向け、基幹業務システムを「SAP S/4HANA」で刷新する。併せて、人事管理、調達/購買管理、出張/経費管理などのSAPソリューションも導入し、グローバルでの業務標準化や一体運営を支える情報基盤を構築する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAPジャパンは2021年2月25日、産業機械メーカーの荏原製作所が、グローバル一体経営への変革を実現するためのIT基盤構築を目指し、SAPのクラウドERP(統合基幹業務システム)スイート「SAP S/4HANA」、人事クラウド「SAP SuccessFactors」、調達/購買クラウド「SAP Ariba」、出張/経費管理クラウド「SAP Concur」を採用したと発表した。

 1912年にポンプメーカーとして創業した荏原製作所は、風水力事業、環境プラント事業、精密/電子事業を中心に国内外で事業を拡大。2020年には長期ビジョン「E-Vision2030」と中期経営計画「E-Plan2020」を発表し、グローバル一体経営への変革を目指すと提示。「グローバル経営情報の見える化」「グループ全体のグローバルでの業務の標準化」「柔軟性、汎用(はんよう)性、拡張性のある情報システムアーキテクチャの構築」を掲げ、業務標準化と経営基盤の構築を進めている。

クラウド移行で目指すグローバル経営管理基盤の中身は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ