ニュース
» 2021年04月01日 15時00分 公開

ラック、公開サービスの管理漏れIPアドレスを把握するサービス開始セキュリティ事故防止へ

ラックは、管理漏れの公開サービスを把握するIPアドレス調査サービス「Quick Discovery」を開始。インターネット上で利用するサービスとともに公開されているIPアドレスの利用実態を調査することで、設定不備の解決などを支援し、セキュリティ事故を未然に防ぐ。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ラックは2021年3月31日、組織の管理下にないIPアドレスの利用実態を把握して対策するIPアドレス調査サービス「Quick Discovery」の提供を開始した。

Photo IPアドレス調査「Quick Discovery」の概要(出典:ラック)

 Quick Discoveryは、組織がインターネット上に公開しているIPアドレスの利用実態を調査して、セキュリティ事故を未然に防ぐサービスだ。その仕組みは以下の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ