ニュース
» 2021年06月07日 17時14分 公開

iPhoneやmacOSの特権昇格の脆弱性「CVE-2021-30724」についてトレンドマイクロが詳細を公開

2021年5月に配信されたiPhoneやiPad、macOSのアップデートには、特権昇格が可能な脆弱性「CVE-2021-30724」を修正する変更が含まれていた。この問題を発見したTrend Microが脆弱性の概要と概念実証(PoC:Proof of Concept)を公開した。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 2021年5月のアップデートでAppleは共通脆弱(ぜいじゃく)性識別子「CVE-2021-30724」を修正した。この脆弱性はTrend Microが発見してAppleに報告したもので、iPhoneやiPad、Macユーザーに影響がある。

 アップデートの提供からしばらく経過したこともあり、Trend Microはこの脆弱性の詳細情報を開示した。概念実証(PoC: Proof of Concept)も公開されていることから、今後悪用される可能性がある。該当するデバイスを使っている場合には迅速にアップデートを適用が望まれる。

CVE-2021-30724: CVMServer Vulnerability in macOS and iOS CVE-2021-3072の詳細を解説するTrend MicroのWebサイト

問題はCVMServerのIntegar Overflowが原因

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ