ニュース
» 2021年06月18日 05時00分 公開

「ストレージクラスメモリ」とは 次世代メモリの正体プレミアムコンテンツ

メインメモリとストレージの中間的な役割を担う「ストレージクラスメモリ」。どのような技術で何を実現するのか。代表的な製品とともに基本を解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 コンピュータの構成要素として、一般的に主記憶装置(メインメモリ)にはDRAM(Dynamic Random Access Memory)が、補助記憶装置(ストレージ)にはHDDやSSD(ソリッドステートドライブ)が利用されている。これは周知の通りだが、メインメモリやストレージの中間的な役割を担うメモリとして、「ストレージクラスメモリ」と呼ばれる製品があることも知っておいた方がよい。

 ストレージクラスメモリは、メインメモリやストレージを補完あるいは代替する役割を担い、データ読み書き速度などパフォーマンスの向上やコスト低減を実現することが期待される。SSDに使用されるNAND型フラッシュメモリやDRAMと同様、ストレージクラスメモリも複数のベンダーが提供しており、既に実用の段階に入っている製品もある。各ベンダーはそれぞれ異なる技術を採用している。

 本資料は、ストレージクラスメモリがどのような仕組みで何を実現するのか、基本を詳細に解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

その他の注目プレミアムコンテンツ

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ