ITmedia DX
連載
» 2021年06月21日 11時00分 公開

根本は似ている? 複合機からAIへ、リコーが挑む業務特化型のDX支援とはWeekly Memo(1/2 ページ)

リコーが新たなDX支援ビジネスを打ち出した。かつて複合機を中心に一大ブームを巻き起こした「OA」を提唱した同社は、データを中心とした新しいビジネスモデルをどう広げようというのか。

[松岡功,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 「リコーは1936年の創業以来、オフィスのドキュメント処理を手掛け、1977年には『OA』というコンセプトを提唱し、その後も最新技術によって業務の生産性向上と新たな価値の創造を支えてきた。当社らしいビジネスをDX(デジタルトランスフォーメーション)の支援に向けても提供していきたい」

Photo リコーの山下良則氏(代表取締役 社長執行役員CEO)

 リコーの山下良則氏(代表取締役 社長執行役員CEO)は、同社が2021年6月17日にオンラインで開いた新たなDX支援ビジネスに関する記者会見でこう切り出した。経営トップが会見で創業以来の歴史に触れ、ビジネスの基本的な考え方を説いた上で新たな取り組みにつなげる形で話をするときは、その企業がビジネスモデルの転換期に入っている場合が多い。今回はそうした観点で同社の発表に注目したい。

リコーが新たに打ち出した「データビジネス」の中身は

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ