Digital Business +Design
Digital Business +Design
ニュース
» 2021年07月12日 07時00分 公開

Twitterの集計データを一部無償で提供 DataRobotとNTTデータがパートナー契約

DataRobotは、NTTデータとデータパートナー契約を締結し、Twitterの集計データサンプルの提供を開始した。消費者トレンドの把握に向けソーシャルメディアのデータ活用の需要が高まる中、Twitterの集計データサンプルを一部無償で提供する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 DataRobotは2021年7月9日、NTTデータと新たに「データパートナー」契約を締結し、「Twitter」の集計データサンプルの提供を開始した。

 データパートナーは、DataRobotのAIプラットフォーム「DataRobot」利用者に、より価値の高いAI(人工知能)モデルの構築を可能にし、ビジネス課題に即した必要なデータを提供することを目的としたパートナーシップだ。

 DataRobotによれば、消費者トレンドの把握に向けソーシャルメディアのデータ収集して需要を推定しようとする事業者が増加している。だがこれには「データ導入コスト」「ソーシャルメディアデータの価値が不明瞭」「AI(人工知能)での活用に向けたデータの加工技術が必要」「処理したデータで予測モデルを生成することも困難」といった課題があったという。

Twitterデータを一部無償で DataRobotユーザーが得る3つのメリットとは?

 NTTデータは、データパートナー契約に伴い、DataRobotのAIプラットフォーム「DataRobot」で利用できるように加工済みTwitterの集計データサンプルを一部無償で提供する。ユーザーは、DataRobotでデータサンプルを取得し、AIを活用した需要予測モデルを検証できる。

NTTデータとDataRobotの連携の概要(出典:DataRobotのプレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ