ニュース
» 2021年09月17日 07時00分 公開

Adobe AcrobatとReaderに複数の脆弱性 直ちにアップデートを

Adobe AcrobatとAdobe Acrobat Readerに脆弱性が発見された。任意のコード実行を引き起こす危険性がある脆弱性も含まれるため注意が必要だ。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 情報処理推進機構(以下、IPA)は2021年9月15日、アドビシステムズのPDFファイル作成・変換ソフトウェア「Adobe Acrobat」(以下、Adobe Acrobat)とPDFファイル閲覧ソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」(以下、Reader)に脆弱(ぜいじゃく)性(APSB21-55)が存在すると伝えた。

 これらの脆弱性は悪用されると任意のコード実行を引き起こす危険性があるものが含まれる。IPAは早急な修正プログラムの適用を推奨している。

Adobe AcrobatとReaderの脆弱性について(出典:IPAのWebサイト)

脆弱性が存在するプロダクトとバージョンは

 アドビシステムズは、脆弱性に関する情報やアップデート方法を次のページにまとめている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ