Digital Business +Design
ITmedia DX
ニュース
» 2021年09月30日 10時00分 公開

SnowflakeのUnified ID 2.0サポートをどう見るか Cookieレス時代のデータ活用の行方

SnowflakeがUnified ID 2.0のサポートを表明した。「ファーストパーティーデータをより効果的に活用できるようになる」という。

[原田美穂,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 独自の「データクラウド」という思想の下でデータ活用基盤およびデータ交換基盤を提供するスノーフレイクは自社の「Snowflake」が「Unified ID 2.0」に対応したと発表した。米国では2021年7月に告知していたが、2021年9月20日に改めて日本向けにも情報が示された。今回スノーフレイクが対応を表明したUnified ID 2.0はGoogleが提案する「Privacy Sandbox」と並び、Cookie規制後のオーディエンスデータ活用のカギと目される技術の1つだ。

Unified ID 2.0とは? 対応企業のメリット

Unified 2.0の動作イメージ(出典:Githubリポジトリのドキュメント)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ