ニュース
» 2021年10月01日 08時00分 公開

出社するもしないも自由「ハイブリッドワーク」実現に必要な準備は?

ネットワンシステムズは、テレワークとオフィス出社を組み合わせるハイブリッドワークに向けた取り組みを開始した。テレワーク対応だけでは実現しない「ハイブリッドワーク」実現に必要な施策とは。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ネットワンシステムズは2021年9月30日、デジタル(テレワーク)とリアル(オフィス出社)を組み合わせた働き方「ハイブリッドワーク」に向けた取り組みを開始すると発表した。オフィス出社を前提としない人事制度改革とオフィス構想、システムの監視によるテレワーク環境の最適化によって実現するとしている。

 ネットワンシステムズは、経営戦略として「ICTを利活用した働き方改革」を推進し、従業員の生産性向上とワークライフバランスの両立を図ってきたという。こうした取り組みによって、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてテレワークに移行する際にもスムーズにでき、現在はテレワークを主体にしている。

ネットワンシステムズがハイブリッドワーク実現に向けて整備したオフィスの例(出典:ネットワンシステムズのプレスリリース)

新しい働き方「ハイブリッドワーク」実現には何が必要? 制度や環境整備のヒント

 ただ、ネットワンシステムズでは、実際に会ってコミュニケーションを取ることも重要だとしており、これが今回のデジタルとリアルを融合したハイブリッド型の働き方を推進する理由だ。

 こうした働き方に向けてネットワンシステムズでは、次の3つの取り組みを進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ