ニュース
» 2021年10月04日 07時15分 公開

SaaS利用時に注意すべき3つのセキュリティ課題とは――ガートナーが提言

ガートナーは、SaaS利用時のセキュリティ確保にはアイデンティティー保護とデータセキュリティの見直しが重要だとの見解を示した。同社は「セキュリティが理由でSaaSの活用が進まないと、企業全体のデジタル化推進が減速する」と指摘する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパン(ガートナー)は2021年10月1日、SaaS(Software as a Service)セキュリティへの取り組みにはアイデンティティー保護とデータセキュリティの見直しが重要であるとの見解を発表し、SaaS利用における3つのセキュリティ課題を挙げた。

 ガートナーは「日本企業によるSaaSの利用は増え続けているが、『SaaSのセキュリティには何が必要なのか』といった点に確証が持てないITリーダーやセキュリティリーダーが多い」と指摘する。同社のアナリストでディレクターを務める矢野 薫氏は「セキュリティが理由でSaaSの活用が進まなければ、SaaSのメリットを享受できないだけでなく、企業全体のデジタル化の推進自体が減速する」と述べる。

SaaSセキュリティにまつわる3つの課題と解決策とは?

 ガートナーは、SaaSセキュリティの課題として以下の3つの課題を挙げた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ