ニュース
» 2021年11月09日 07時30分 公開

OneDriveデスクトップ、Windows 7他でサポート終了 推奨される対策は

Windows 7、Windows 8.1、Windows 8でOneDriveデスクトップアプリケーションを使っているなら注意が必要だ。2022年1月1日にアップデートの提供が終了し、2022年3月1日にクラウドとの同期が停止する。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年11月5日(米国時間)、「Windows 7」「Windows 8」「Windows 8.1」版のオンラインストレージ「OneDriveデスクトップアプリケーション」のアップデートの提供を2022年1月1日をもって終了すると伝えた。

 報道によれば、これらのプラットフォームで動作するOneDriveデスクトップアプリケーションは2022年3月1日にクラウドとの同期を停止する。

Microsoftは、Windows 7、8、8.1でのOneDriveデスクトップアプリケーションのサポート終了を報じた(出典:Microsoftのブログ記事)

該当している場合の推奨方法は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ