Digital Business +Design
ITmedia DX
ニュース
» 2021年11月11日 07時42分 公開

トヨタとNTTが「ウーブンシティ」で目指す未来モビリティ×デジタルは何を創造するか(1/2 ページ)

トヨタが建設中の「ウーブンシティ」はどのような街になるのか。トヨタとNTTが考えるスマートシティのあるべき姿とは。

[田中広美,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 トヨタ自動車(以下、トヨタ)が2021年2月着工した実証都市「Woven City」(ウーブンシティ)はテクノロジーに関する話題が先行しがちだが、トヨタのグループ企業であるウーブン・プラネット・ホールディングスCEOのジェームス・カフナー氏が強調したのは「ヒト中心」という言葉だった。

 2021年10月20〜22日開催の「NTTコミュニケーションズ デジタルショーケース」でカフナー氏は、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)副社長の栗山浩樹氏と「進化し続けるスマートシティーにより、持続可能な社会の発展をめざす」というテーマで対談した。

 その中でカフナー氏は「ウーブンシティは未来のモビリティの開発プロジェクトだが、あくまでヒト中心の開発を考えている。焦点を当てるべきはヒトのモビリティだ。モノと情報のモビリティをつなぎ合わせて安心安全で持続可能な都市生活を設計する」と構想を語った。

モビリティ×デジタルのシナジー効果

 トヨタとNTTのパートナーシップの始まりは2017年にさかのぼる。

 2社は2017年、「コネクテッドカー」向けのICT基盤の研究開発に関する協業に合意した。トヨタの自動車に関する技術とNTTグループ各社のICTに関する技術を組み合わせて、コネクテッドカー分野での技術開発・技術検証とそれらの標準化が協業の目的だ。

 この協業でNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、Tier1 IPバックボーンやVPN、データセンターといったグローバルに展開するICTサービスを活用し、IoTに適した次世代グローバルインフラ環境づくりで協力した。

 そして2020年1月、Googleなどによるスマートシティーの取り組みが注目される中、トヨタがアメリカで開催される電子機器の見本市CESで発表したのが日本型スマートシティーとなるウーブンシティ・プロジェクトだ。その2カ月後、2020年3月にスマートシティーの実現に向けたトヨタとNTTの業務資本提携が発表され、スマートシティーのコア基盤である「スマートシティープラットフォーム」を両社が共同構築することが明らかになった。

 ウーブンシティ・プロジェクトの内容を簡単に紹介する。

 ウーブンシティはあらゆるモノやサービスがつながる実証都市として建設中で、広さは約70.8万平方メートルに及ぶ。企業や研究者が幅広く参画し、CASE(注1)やAI(人工知能)、パーソナルモビリティ、ロボットなどを実証する場として設計されている。

 ウーブンシティ実現のためにトヨタとNTTが共同で開発するのが「スマートシティー・プラットフォーム」だ。人、クルマ、家、住民、企業、自治体などに関わる生活やビジネス、インフラや公共サービスなどの領域に価値を提供するためのコア基盤となる。

 NTT Com副社長の栗山浩樹氏は対談の中でNTTグループが手掛けるスマートシティーに言及し、ウーブンシティとの相乗効果への期待を語った。

 「NTTはスマートシティーのフラッグシップとして品川で最先端のテクノロジーを導入し、デジタル基盤を作る。(品川のスマートシティーは)複数のステークホルダーと一緒に作り上げるブラウンフィールドでのプロジェクトだ。一方、ウーブンシティは進化し続けるグリーンフィールドでのプロジェクトだ。グリーンフィールドとブラウンフィールドの組み合わせで良いシナジー効果が生まれる。トップ同士だけでなく、現場レベルでも議論し、仲間意識も育ちつつある」

実証実験の街、未完成の街

 そもそも、なぜトヨタは通常の研究所ではなく、人々が実際に生活する街を作るのだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ