ITmedia DX
ニュース
» 2021年11月15日 07時15分 公開

マルチクラウドでコンテナ基盤のテスト可能に ネットワンシステムズが発表リモートアクセスで利用

ネットワンシステムズは、同社のマルチクラウド検証施設「Lab as a Service」で、新たにコンテナプラットフォームのテスト環境を提供する。LaaSにリモートアクセスすることで、簡単にコンテナプラットフォームを利用したテストを開始できる。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ネットワンシステムズは2021年11月12日、同社のマルチクラウド検証施設「Lab as a Service」(LaaS)で、新たにコンテナプラットフォームのテスト環境を提供すると発表した。企業はLaaSにリモートアクセスすることで、コンテナプラットフォームを利用したテストを開始できる。

リモートアクセスで利用可能 検証用コンテナプラットフォームの構成は

 ネットワンシステムズは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進には「最適な技術の選択」「機能や運用性の実証」「技術の活用方針検討」が重要だとしており「特にアプリケーション開発やインフラ構築では、俊敏性と柔軟性がより一層求められ、それらを実現するためのコンテナ技術の重要性が高まっている」と指摘する。LaaSのコンテナプラットフォームは、検証目的に応じたテストを迅速に実施可能にすることで、DX推進に最適な技術の選択を支援する。

ネットワンシステムズがLaaSで公開するコンテナプラットフォームの概要(出典:ネットワンシステムズのプレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ