ITmedia DX
ニュース
» 2021年11月17日 12時00分 公開

NSW、「Infor WMS」提供でインフォアジャパンと提携 サプライチェーン全体の最適化で物流DXを支援

NSWは、倉庫管理システム「Infor WMS」の販売でインフォアジャパンと提携した。物流管理/輸配送管理システムやマテハン機器、自動倉庫などとの連携により、製造・流通・物流業などの顧客に総合的な物流基盤構築を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NSW(日本システムウエア)は2021年11月16日、インフォアジャパンと同社の製造・流通・卸売・3PL(サードパーティーロジスティクス)向けのクラウド倉庫管理システム「Infor WMS」の販売で業務提携を締結し、同日より提供を開始した。

クラウドWMSで実現する物流DXとは

 Infor WMSは、倉庫のデジタル化と可視化、オペレーションの自動化と効率化ニーズに対応する大規模倉庫向けWMS(倉庫管理システム)ソリューション。倉庫管理から輸送管理、労務管理、3PL請求処理まで、サプライチェーン関連の全機能を単一の統合プラットフォームとして提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ