ITmedia DX
ニュース
» 2021年11月26日 07時00分 公開

新たな働き方の影響大か ガートナーが日本のUXハイプ・サイクル2021年版を発表

ガートナージャパンは、「日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。コロナ禍による社会や働き方の変化、AIの進化といった要素の影響を受け、新たに期待が高まる技術の内訳とは。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパン(以下、ガートナー)は2021年11月25日、「日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。

日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2021年(出典:ガートナーのプレスリリース)

 ハイプサイクルは、技術やサービス、関連する方法論、プラクティス、コンセプトなどを表す「キーワード」の認知度や成熟度、採用状況などを視覚的に示したものだ。革新技術が理解され、進化する過程に共通するパターンを、黎明期、ピーク期、幻滅期、啓発期、生産性の安定期という5つのフェーズに区切って予測する。

働き方の変化やAIの進化も影響か 現在“ハイプ”の技術は……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ