Google PlayにVPNアプリを装う“偽アプリ”が混入 インストールを避けるには?

Google Playで200以上のスパイウェアが発見された。これらの偽アプリをインストールするとFacebookの認証データや暗号通貨関連の鍵を窃取される可能性があるため注意が必要だ。

» 2022年05月20日 07時00分 公開
[後藤大地有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Trend Microは2022年5月16日(現地時間)、同社のブログで「Google Play Store」(以下、Google Play)に200以上のスパイウェアが紛れ込んでいるとして注意を喚起した。

 これらのアプリをインストールしていると「Facebook」の認証データや暗号通貨関連の鍵を窃取される危険性があるとされている。

Trend Microは、Google PlayにFacebookの認証情報を窃取するスパイウェアが存在していると伝えた(出典:Trend MicroのWebサイト)

偽アプリのインストールを避けるにはどうすればいい?

 「Android」のユーザーを悩ますスパイウェアの一つに「Facestealer」がある。同マルウェアは2021年7月に発見されてからGoogle Playに度々混入しており、頻繁にコードが変更されて複数の亜種が開発されている。今回Trend Microが検出したスパイウェアもFaceStealerの亜種で、10万回以上ダウンロードされたものもある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR