ニュース
» 2022年05月14日 07時00分 公開

Adobeの複数製品に深刻度「緊急」の脆弱性 迅速な対処を

Adobeは複数製品に脆弱性が存在するとし、セキュリティアドバイザリを発行した。深刻度「緊急」(Critical)に分類される脆弱性も見つかっており迅速な対処が求められる。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Adobeは2022年5月10〜11日(現地時間)、同社の複数製品に脆弱(ぜいじゃく)性が存在するとしてセキュリティアドバイザリを公開した。

 幾つかの製品は深刻度が「緊急」(Critical)に分類されており注意が必要だ。該当製品を使用している場合には公開されたセキュリティアドバイザリを確認し、迅速に対処してほしい。

Adobeは複数製品に脆弱性が存在するとし、セキュリティアップデートを配信した(出典:AdobeのWebサイト)

セキュリティアドバイザリと該当製品は?

 公開されたセキュリティアドバイザリは以下の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ