GitHubが2要素認証のデフォルト化を発表 度重なるサイバー攻撃に対抗

GitHubは全てのユーザーに「2要素認証」をデフォルトで適用するという旨を伝えた。2023年末までに同変更を適用すると説明している。

» 2022年05月10日 07時00分 公開
[後藤大地有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2022年5月4日(現地時間)、同社のブログでソースコード管理システム「GitHub」において2023年末までに1つ以上の2要素認証の利用をデフォルトで要求するように仕様を変更すると発表した。

 近年繰り返し発生するGitHubを巻き込んだセキュリティインシデントに対して抜本的に強化を図る狙いがあるものとみられる。

GitHubは2023年末までに2要素認証をデフォルトで要求する(出典:GitHubのWebサイト)

GitHubの2要素認証デフォルト化 高度化するサイバー攻撃への対応

 脅威アクターは近年、ソフトウェア開発者などを標的としたマルウェア感染のルートとして、パッケージ管理システムやアプリケーション拡張機能などを悪用しており、GitHubも悪用されるケースが増えてきている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR