ニュース
» 2022年08月04日 08時00分 公開

攻撃者視点で脅威から保護 Microsoftが2つのセキュリティ製品を発表

Microsoftは、新たな脅威インテリジェンスと攻撃対象領域管理に向けたソリューション「Microsoft Defender Threat Intelligence」と「Microsoft Defender External Attack Surface Management」を発表した。

[山口哲弘,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年8月2日(米国時間)、新たなセキュリティ製品として「Microsoft Defender Threat Intelligence」と「Microsoft Defender External Attack Surface Management」を発表した。

 これらはサイバー攻撃者の活動に関する背景情報を提供し、ITインフラをロックダウンして攻撃対象領域(アタックサーフェス)を縮小する。

リアルタイムデータにアクセス可能な脅威インテリジェンスを提供

 Microsoft Defender Threat Intelligenceは、サイバー攻撃者の活動や行動パターンを追跡するソリューションだ。これを利用することでコンテキストや洞察、分析に基づいて、攻撃者のインフラを発見して迅速な調査やレジリエンスを実現する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ