暗号資産「ETH」が下落 イーサリアムの一大イベント「The Merge」後になぜ?

イーサリアムの「The Merge」が2022年9月15日に実行され、コンセンサスアルゴリズムがPoWからPoSになった。「暗号資産『ETH』の価格もThe Mergeが実行されたら急騰するのでは?」との期待もあったが、ふたを開ければETH価格は下落となった。その理由とThe Mergeがもたらす今後の影響は?

» 2022年09月26日 17時00分 公開
[関谷祥平ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 イーサリアム財団は2022年9月15日(現地時間)にコンセンサスアルゴリズムをPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へと変える「The Merge」を完了した。同日、イーサリアム財団の共同設立者であるヴィタリック・ブテリン氏は同氏のTwitterで「完了!」と報告し、「ハッピーマージ・オール。これはイーサリアムのエコシステムにとって大きな瞬間だ。マージの実現に貢献した皆さんも誇らしい気持ちだろう」と続けた。

 イーサリアム上で増え続けるトランザクションや電気消費量などの問題を解決するために約7年という年月をかけて完了したThe Mergeは暗号資産の歴史に残る一大イベントの一つだろう。以前よりThe Mergeへの期待は大きく、特に暗号資産に投資をする個人投資家の間では「イーサリアムのバブルがくるのでは」という話もあった。

 The Mergeによってイーサリアムのスケーラビリティは強化され、マイニング作業に必要とされる電気消費量が99.9%削減されるというのだから、期待してしまうのも無理はない。

 しかし2022年9月15日にThe Mergeを迎えると、ETH(イーサリアムにおけるトークン)価格は予測と裏腹に9%の下落を記録し、本稿執筆時点(2022年9月23日)のETH価格は日本円で約18万円だ。The Merge前日、2022年9月14日のETH価格が日本円で約23万円だったことを考えると、その下落幅の大きさが分かる。

 なぜ大方の予測に反し、下降局面に突入したのか。

「投資業界の格言」でETH価格は下落した?

 ブロックチェーン分析企業Chainalysisのイーサン・マクマホン氏(エコノミスト)はメールでのインタビューで「価格の下落はThe Mergeの失敗や欠点を意味するわけではない」とした上で、「機関投資家がニュースを売った」と話した。

 投資の格言に「Buy the rumor, sell the news(うわさを買って、事実/ニュースを売る)」というものがあり、今回のケースに当てはめると、「The Mergeに関する話が出た時点でETHが買われ、The Mergeを見据えて期待値と価格が上昇したETHはThe Mergeの実行と共に利益確定された」という、「よくある投資戦略」が反映されたのだ。

 The Merge完了で最も大きな影響を受けたのはETHのマイナーだ。

 PoWではブロックチェーンを生成するために、参加者が「マイニング」と呼ばれる作業を行う。マイニングを手掛ける「マイナー」は個人の他、マイニングの報酬による収益を目的とした業者も参加してきた。今回のThe MergeでイーサリアムがコンセンサスアルゴリズムをPoSに一本化したことで、収益を目的としたマイナーたちは他のPoWチェーンへの乗り換えを余儀なくされた。ただしこれは簡単なことではない。

 マクマホン氏は「マイナーは現在、代替のPoWチェーンを探してマイニングしているが、イーサリアムほど市場規模があるものは他にないため、マイナーが(イーサリアムのPoWと)同じレベルの報酬を得るための解決策は今のところない」と話す。

PoSはPoWより安全? The Mergeによって暗号資産業界はどう変わるか

 PoSはPoWより安全だといわれる。PoSのコンセンサスアルゴリズムでは、通貨を保有するノード(バリデーター)がトランザクションを表す「ブロック」を提案したり、その正当性を検証する権利をランダムに割り当てられる。このとき、参加者は事前にトークン(ETH)をデポジットしておき、不正な提案があったり、オフラインだったりした場合にはペナルティーとしてETHが剥奪され、イーサリアムネットワークからも排除される。PoSはプトロコルとして悪意のある提案や不正を排除する仕組みを持つと言える。

 マクマホン氏はこの指摘に対し、「PoSはイーサリアムネットワークへの攻撃の可能性という面ではリスクが低いと考えられる。攻撃を有利に進めないように報酬を構成しているからだ」と見解を述べた上で、スケーラビリティの進化にも注目する。

 「PoSはよりスケーラブルだ。ブロックを構築する前にコンセンサスを確立することでスケーラビリティを実現している。1秒間で数千のリクエストを処理することが可能だ」(マクマホン氏)

 The Mergeは今後、暗号資産業界にどのような影響を与えるのだろうか。

 マクマホン氏は「The Mergeの影響を合理的に説明するのは時期尚早だ」としながらも「The Mergeはイーサリアムのエコシステム開発に拍車を掛けるだろう。結果として、Web3が目指す理想の世界がより現実味を帯びてくる。さらに、機関投資家があまりなじみのなかったトークンやブロックチェーンにも慣れていき、彼らの関与が増加すると予測する」と述べた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR