A2A決済とは 手数料高騰のクレカ払いから加盟店を救うかPayments Dive

クレジットカード決済の手数料高騰に悩む加盟店は多い。「A2A決済」は加盟店の悩みを解消する手立てとなるだろうか。

» 2023年07月12日 08時00分 公開
[Caitlin MullenPayments Dive]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

Payments Dive

 決済代行会社のFidelity National Information Services(以下、FIS)の一部門であるWorldpayは2023年6月6日、英ロンドンに拠点を置くオープンバンキングプロバイダーのVoltと提携すると発表した。

 この提携により、Worldpayの加盟店顧客は消費者からのA2A決済を受けられるようになる(注1)。

A2A決済とは WorldpayはVoltに注目のワケ

 A2A決済とは「Acount to Acount」の略で、銀行口座直接引き落とし型の決済サービスを指す。

 Worldpayのスデフ・バラクリシュナン氏(CPO《最高製品責任者》)はVoltと提携することに関して「われわれは加盟店に銀行間決済の機会を提供できる。加盟店はA2A決済を採用することで、市場成長を自社の成長に利用できる可能性がある」と話した。

 今回の提携の背景には、クレジットカードの手数料高騰に悩む加盟店の存在がある。FISはプレスリリースで「Voltが提供する機能は加盟店の決済コストを削減し、より迅速な資金決済を実現する可能性がある」と述べた。

 Worldpayが2023年に発表したグローバルペイメントレポートによると、eコマース(電子商取引)におけるA2A決済の金額は2022年に約5250億ドルとなった。この数字は2026年まで毎年13%増加すると予想される。A2A決済は2026年までに電子商取引決済市場の10%を占め、これは世界の全オンライン決済の約7570億ドルに相当するとWorldpayは主張する。

 Forrester Researchは「クレジット支払いの手数料の高さへの不満から、加盟店が銀行ベースの決済を奨励または促進する可能性がある」と予測している(注2)。また、同社は「Voltがデビットカード取引をA2A決済に変える製品『transformer』を準備している」と指摘した。

 Voltの創業者兼CEO(最高経営責任者)であるトム・グリーンウッド氏は「リアルタイムのA2A決済は世界中で急成長している。このパートナーシップでユーザー体験が向上し、取引を促進するソリューションを提供することは加盟店の成長につながる」と述べた。

 Worldpayは2023年5月、後払い決済業者のAffirmとの提携も発表し、同社の分割払いオプションをWorldpayのクライアントが利用できるようにした(注3)。

 FISは2019年にWorldpayを買収した。米フロリダ州ジャクソンビルに本社を置くFISは2023年初め、Worldpayを分離独立させ、2つの別々の上場企業を設立する計画を発表している(注4)。

© Industry Dive. All rights reserved.

注目のテーマ