ニュース
» 2023年12月05日 05時00分 公開

Teamsの「代替アプリ」はなぜ“危ない”のか?プレミアムコンテンツ

日常的に利用しているコミュニケーションツールで障害が起きた場合、従業員は業務を継続するために代替ツールを使う可能性がある。こうした代替ツールには“あるリスク”が隠れている。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 2023年1月、「Microsoft Teams」や「Microsoft Azure」といったMicrosoftのクラウドサービスで障害が発生し、日本を含む世界中で一時的にサービスが利用できなくなった。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によりテレワークが普及し、企業が日常的に利用するようになったコミュニケーションツール。障害といった要因でツールが使えなくなった際、従業員は業務遂行のために代替ツールを使うことがある。こうした代替ツールの利用には“あるリスク”が隠れている。

 代替ツールの利用やコミュニケーションツールへの依存がもたらすリスクと、リスクを避けるための対策とは。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

関連記事:「Microsoft 365」「Azure」障害の影響と裏事情

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます(TechTargetジャパンサービス利用登録)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ