複数のAzureサービスに深刻な脆弱性が見つかる 推奨される対策は?セキュリティニュースアラート

Tenableが複数のAzureサービスに深刻な脆弱性があると報告した。これによって、攻撃者はサービスタグを利用してファイアウォールルールを回避できる可能性がある。

» 2024年06月08日 07時00分 公開
[後藤大地有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Tenableは2024年6月3日(現地時間)、「Microsoft Azure」(以下、Azure)に深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が存在すると伝えた。この脆弱性を悪用することで、信頼できるサービスからのリクエストを偽造し、攻撃者がAzureサービスタグに基づくファイアウォールルールを回避できるとされている。

複数のAzureサービスに見つかった脆弱性 Tenableが警告

 Azureサービスタグは、特定のAzureサービスのIP範囲をグループ化することでAzure内のネットワーク分離を簡素化する。ネットワークセキュリティルールを定義して複数のAzureリソースに一貫して適用することが可能とされ、ファイアウォールルールやネットワークセキュリティグループ(NSG)の構成などのアクセス制御を管理するのに便利な機能とされている。

 発見された脆弱性は当初、監視ソリューション「Azure Monitor」の拡張機能「Azure Application Insights」で発見されたが、最終的に10以上の他のAzureサービスにも影響を及ぼしていたことが判明した。いずれの場合も攻撃者は他の内部および非公開のAzureサービスにアクセスできる可能性がある。

 影響を受けるAzureサービスは以下の通りだ。

  • Azure Application Insights
  • Azure DevOps
  • Azure Machine Learning
  • Azure Logic Apps
  • Azure Container Registry
  • Azure Load Testing
  • Azure API Management
  • Azure Data Factory
  • Azure Action Group
  • Azure AI Video Indexer
  • Azure Chaos Studio

 この脆弱性を悪用したサイバー攻撃から身を守るために、まずAzure環境内の各関連サービスにおけるネットワークルールを分析し、サービスタグの使用を検索して影響を受けるサービスがないかどうかを調査することが推奨されている。

 影響を受けるサービスが見つかった場合、それらに認証および承認レイヤーを追加することが求められる。サービスタグはプライベートサービスへのトラフィックを完全に保護しないため、強力なネットワーク認証を維持することで攻撃者が脆弱性を利用してターゲットエンドポイントに到達した場合でも、アクセスの悪用が非常に困難になる。

 脆弱性が確認されているサービスだけでなく、他のサービスについても継続的に監視と対策を実施することが推奨されている。常に最新のセキュリティ情報をチェックし、適切な防御策を講じることでAzure環境をより安全に保つことが可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ