メディア
製品比較
» 2021年07月28日 12時00分 公開

いま話題の「シリコーンバッグ」おすすめ5選 レンチン・オーブン・湯せんもOKな万能保存袋【2021年7月版】

キッチンで使う保存容器の素材にはいくつかの種類があります。ガラスやホーロー、プラスチックなどがよく使われていますが、シリコーン素材も見逃すことができません。そこで今回は、キッチンで使える「シリコーン素材の保存容器」のおすすめを紹介します。

[Fav-Log]

 キッチンで使う保存容器の素材にはいくつかの種類があります。ガラスやホーロー、プラスチックなどがよく使われていますが、シリコーン素材も見逃すことができません。

和平フレイズ「マジカリーノ シリコーンバッグ」 和平フレイズ「マジカリーノ シリコーンバッグ」(出典:Amazon

 そこで今回は、キッチンで使える「シリコーン素材の保存容器」のおすすめを紹介します。

シリコーン素材の魅力は?

 シリコーン素材の特徴の1つは、電子レンジやオーブンなどの高熱に耐えられることです。保存した食材をそのまま電子レンジで加熱でき、シリコーン素材の皿などに食材を乗せてオーブンで焼くこともできます。

和平フレイズ「マジカリーノ シリコーンバッグ」 和平フレイズ「マジカリーノ シリコーンバッグ」(出典:Amazon

 また、冷蔵だけではなく冷凍保存にも耐えることができるのもシリコーン素材の魅力といえそうです。

柔らかい素材でたたみやすい!

 シリコーンは柔らかい素材なので、くるくると丸めてコンパクトにたたむことができます。

ManYHM「シリコンバッグ 3点セット」 ManYHM「シリコンバッグ 3点セット」(出典:Amazon

 収納場所で悩んでいる人は、たたむと小さくなるシリコーン素材のバッグや皿を検討してみてはいかがでしょうか。

大・中・小サイズがそろっていると便利

 シリコーン素材のフードバッグはさまざまなサイズがあるので、大・中・小とそろえておくととても便利です。

ManYHM「シリコンバッグ 3点セット」 ManYHM「シリコンバッグ 3点セット」(出典:Amazon

 多めに食材を保存しておきたい時は大きいサイズ、少量の食材を加熱したい時は小さいサイズというように、食材の量や調理方法でも使い分けることができます。

いま話題の「シリコーンバッグ」おすすめ5選 漏れない! 湯せんやレンチンもできる!

高い安全性を誇る ルクエ(Lekue)「シリコンバッグ」

 ルクエ(Lekue)の「シリコンバッグ」に使われているのは、プラチナシリコーンです。これは医療用器具や乳幼児用の製品(哺乳瓶の吸引部など)にも使われていて、安全性の高さには定評があります。

ルクエ(Lekue)「シリコンバッグ」 ルクエ(Lekue)「シリコンバッグ」(出典:Amazon

 立てて保存ができたり、表面に油性ペンで文字が書けるなど、細かい部分の工夫も見られます。ちょっとしたことですが、使う側からするとうれしいですよね。湯せんや電子レンジで加熱する時は密閉状態にならないように、必ずロックバーを外しましょう。

 シリコーンバッグの耐熱温度は220度、耐冷温度は-60度、ロックバーの耐熱温度は60度、耐冷温度は-20度です。

 サイズ(1L)は約21.5(幅)×17.5(高さ)×8.5(奥行)cm、重量は約125gです。内容量は0.5L、1L、1.5Lがあります。1Lサイズの価格は2000円前後です。

カラフル! HIDERME「食品パック」

 HIDERMEの「食品パック」は、クリア、ブルー、レッド、グリーンの色違い4色セットなので、食品によって使い分けができます。例えば、肉はレッド、魚はグリーンなど色別に分けることもできます。密封性が高いので、液体を入れても漏れることはありません。

HIDERME「食品パック」 HIDERME「食品パック」(出典:Amazon

 内容量は1Lで、サイズは17(幅)×22(高さ)×3(奥行)cm。電子レンジでの加熱、冷凍も可能です。価格は4パックセットで900円前後です。

持ち運びに便利なハンドル付き ManYHM「シリコンバッグ 3点セット」

 ManYHMの「シリコンバッグ」はハンドルが付いているため、アウトドアなどの持ち運びに便利です。またシリコーン素材で柔らかいので、バッグを下から巻き上げることができ、ハンドルを両側からロールアップすることでバッグが開くのを止めることができます。

ManYHM「シリコンバッグ 3点セット」 ManYHM「シリコンバッグ 3点セット」(出典:Amazon

 耐冷・耐熱温度は-40度から200度なので、電子レンジや湯せんでの調理、冷凍保存も可能です。

 3点のバッグサイズはすべて異なり、1L、1.5L、2Lとなっています。

 1Lサイズは、26.4(幅)×14.8(高さ)×8.6(奥行)cm、1.5Lサイズは26.4(幅)×17.6(高さ)×8.6(奥行)cm 、2Lサイズは26.4(幅)×20.9(高さ)×8.6(奥行)cmです。価格は3バッグセットで3700円前後です。

1つで7役! 和平フレイズ「マジカリーノ シリコーンバッグ」

 「温め」「蒸す」「低温調理」「潰す」「漬ける」「冷蔵」「冷凍」の7つをこなせるのが、和平フレイズの「マジカリーノ シリコーンバッグ」です。

和平フレイズ「マジカリーノ シリコーンバッグ」 和平フレイズ「マジカリーノ シリコーンバッグ」(出典:Amazon

 例えば、じゃがいもを茹でて潰す時に使えたり、サラダチキンなどを湯せんでじっくり調理する料理にも使うことができます。耐冷・耐熱温度は-20度から200度までなので、調理した食材をそのまま冷凍しておく時にも便利です。

和平フレイズ「マジカリーノ シリコーンバッグ」 和平フレイズ「マジカリーノ シリコーンバッグ」(出典:Amazon

 サイズは約20.5(幅)×20.5(高さ)×1.2(奥行)cm。価格は1300円前後です。

乾かしやすい! White Beauty「ブロンマ(Blomma)シリコーン食品保存バッグ」

 White Beautyの「ブロンマ(Blomma)シリコーン食品保存バッグ」 の特徴は、取っ手が両サイドに付いていることです。これにより洗った後に引っ掛けて乾かすことができます。

White Beauty「ブロンマ(Blomma)シリコーン食品保存バッグ」 White Beauty「ブロンマ(Blomma)シリコーン食品保存バッグ」(出典:Amazon

 内側に水分が残っていると乾きが遅くなりますが、引っ掛けて干すことで乾燥もスピーディーになります。また、ストッパーを外すタイプではなくパチっと止めるタイプなので、開閉がとても楽なのもうれしい点です。

White Beauty「ブロンマ(Blomma)シリコーン食品保存バッグ」 White Beauty「ブロンマ(Blomma)シリコーン食品保存バッグ」(出典:Amazon

 耐冷・耐熱温度は-50度から200度で、電子レンジでの調理や冷凍保存が可能です。サイズは18.5(幅)×19.5(高さ)×7.3(奥行)cm、内容量は1L。価格は1300円前後です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.