メディア

バイクでモテるのか? 50代のおじさんライダーに提案する「女子ウケバイク」はこれだ!

» 2024年01月19日 15時00分 公開
[大屋雄一Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 人口ピラミッド的に最も多いのが団塊ジュニアの50代。そして、バイクの新車を購入している層の平均年齢は54.2歳とのこと。つまり、昭和生まれのおじさんたちがバイク業界を支えているといっても過言ではありません。

 日常的にバイクに乗ると、脳と心の健康にポジティブな影響を与えるという研究結果もあり、それを実感している人も多いことでしょう。そんな50代ライダーに提案する「モテるバイク」とは? 肩の力を抜いてお付き合いください。

フォト BMW R1300GS

大屋雄一

大屋雄一

モーターサイクル&自転車ジャーナリスト。短大卒業後、好きが高じて二輪雑誌の編集プロダクションに就職し、6年の経験を積んだのちフリーランスへ。ニューモデルの試乗記事だけでもこれまでに1500本以上執筆し、現在進行形で増加中だ。また、中学〜工高時代はロードバイクにものめりこんでいたことから、10年前から自転車雑誌にも寄稿している。キャンプツーリングも古くからの趣味の一つであり、アウトドア系ギアにも明るい。

→著者のプロフィールと記事一覧

50代に提案するモテるバイク:ハーレーダビッドソン全般

 数あるアウトドアホビーの中で、一般の方の目に触れる機会が多いのがバイクという趣味ではないでしょうか。混合交通の中を移動しているのですから、少なくとも登山や釣りなどよりは圧倒的に多いはず。

 しかし、そもそもバイクに興味のない人にとっては「ん? 何かうるさいのが通ったな」ぐらいの認識でしかなく、チラ見だけで「今のはCB1300スーパーボルドール、しかもSPか」などとすぐに分析してしまうライダーとの決定的な違いがそこにあります。

 親戚縁者をはじめ、職場や取引先にもライダーが一人もおらず、今までの人生でバイクとの接点が一切なかったという人は、実は非常に多いのです。いや、そちらの方が普通なのかもしれません。

フォト ハーレーダビッドソン

 しかし、そんな大多数の人々にも唯一通じるメーカーが「ハーレー」なのです。そして、そのハーレーという単語に付随するのが「大きい」とか「高そう」というイメージで、これだけでもうモテ要素としては100点ではないでしょうか

 「いやいや、ハーレーといってもピンキリだし、スポーツスターなんて100万以下で買えるじゃん」などと反論される方もいるでしょう。確かに、かつてのスポーツスターはエントリーモデルとして日本のハーレー人口の増加に大きく貢献し、2008年から2010年まで「XL883」という機種が車名にちなんで88万3000円で販売されていたのも事実です。

 しかし、バイクに興味の薄い女子にとってそんなことは一切関係ないのです。ちなみに現在は、Vツインモデルの最安値がナイトスターの177万8800円(税込、以下同)ですし、300万円を下回る機種の方が圧倒的に少ないのです。つまり、一般の方の「高そう」というイメージは間違っていません。

フォト ハーレーダビッドソン

 そんなハーレーが、2023年10月に「X350」と「X500」という小排気量モデルを投入したのですから、これは大事件と言えるでしょう。前者が69万9800円〜、後者は83万9800円と、ハーレーにしては非常にお手頃ですし、しかもX350に至っては大型ではなく普通二輪免許で乗ることができます。

 伝え聞くところによると、発売直後から予想以上に販売好調なようで、やはりハーレーというブランドの強さを感じずにはいられません。

人気のフルフェイスヘルメットをチェック

50代に提案するモテるバイク:ヤマハ ナイケンGT

フォト ヤマハ ナイケンGT
  • 価格:220万円
  • エンジン形式:888cc水冷4ストロークDOHC4バルブ並列3気筒
  • 最高出力・最大トルク:116ps・91Nm
  • 車重:270kg
  • シート高:825mm

 さりげない会話の中でモテ力を発揮するのがハーレーだとしたら、実践で威力を発揮するのがヤマハのナイケンではないでしょうか。

 理由は2つ。1つは「フロントタイヤが2つというインパクトの強さ」です。写真を見せるだけで、「この人何かスゴそうなバイクに乗っている」と思わせることができますし、これに乗って待ち合わせ場所に現れたら、スタイリングに驚かれること間違いなしです。お笑いやスピーチなどのいわゆる“つかみ”ならハーレー以上といってもよいでしょう。

フォト ヤマハ ナイケンGT

 2つ目の理由は、フロント2輪が生み出す絶大な安心感です。女子とタンデムするシチュエーションになった場合、ライダーが低速域でフラついてしまうと、いらぬ不安を与えてしまいます。

 その点、ナイケンは1名乗車でもタンデムでも操縦安定性の変化が少なく、街中から高速道路まで、どんなシーンでも安心して移動することができます。これなら運転者であるあなたへの評価も上がることでしょう。

 デメリットは、高速道路のSAやPA、道の駅などで、本命の女子以外にもモテてしまうことです。かつて試乗した際には、ライダーはもちろん、メカに詳しそうな4輪マニア、アジア系観光客などへの対応に苦労しました。とはいえ、モテるモテないにかかわらず、ライダーなら一度は試乗してほしい1台です。

今売れている「バイク用通信機器」をチェック

50代に提案するモテるバイク:BMW R1300GS

フォト BMW R1300GS
  • 価格:284万3000円〜
  • エンジン形式:1300cc空冷/水冷4ストロークDOHC4バルブ水平対向2気筒
  • 最高出力・最大トルク:145ps・149Nm
  • 車重:250kg(仕様により異なる)
  • シート高:850mm(GSスポーツ:870mm、ツーリング:820-850mm)

 最後に紹介するのは、BMWの「R1300GS」です。バイクに興味の薄い女子にとっては「へ〜、ビーエムってクルマだけじゃないんだ」ぐらいの認識なので、BMWだからといってこれを推したわけではありません。

 キング・オブ・アドベンチャーである「R-GSシリーズ」は、昔からタンデム性能が抜きん出ています。ライダーは後ろに人を乗せていることすら忘れてしまうほど操縦性が軽く、パッセンジャーはあまりの乗り心地の良さに眠気すら覚えるほど。そしてR1300GSは、その究極形といっても過言ではありません。

フォト BMW R1300GS

 最上位仕様の「R1300GSツーリング」は、停車すると車高が30mm下がるので、小柄な女子でも乗り降りが楽チンです。そして、シートには自分で温度調整ができるヒーターが内蔵されているので、お尻はいつでもポカポカ。背もたれ代わりになるトップケースもオプションで用意されていますし、電子制御サスによるクッション性は非常に快適です。

 ヨーロッパではバイクツーリングは高尚な趣味とされ、熟年夫婦がGSに乗ってアルプスやピレネーを越え、星付きホテルに泊まるなんてことが珍しくありません。BMWはそうしたシーンで鍛えられてきたので、タンデムツーリングがメインであれば、このR1300GSを強く推薦します

 以上、主観を交えて自由に書かせていただきました。ちなみに筆者は、モテたい一心で高校時代にバイクに乗り始めたものの、2ストエンジンの加速力に衝撃を受け、気が付けば男だらけのバイク雑誌業界に足を踏み入れて数十年というありさまです。皆さんも私の二の舞にならないようにご注意あれ!

ライターおすすめのバイク用品はコレ!

無料でお試し 音楽聴き放題!

Apple Gift Cardで、楽天ポイントがたまる・使える!

Google Play ギフトコードで、楽天ポイントがたまる・使える!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 今売れている「マウンテンパーカー」トップ10&おすすめ 1位は急な大雨にも対応できる約4000円の高コスパジャケット【2024年4月版】
  2. 【ワークマン】かわいすぎる「雨の日ウェア・アイテム」3選 おしゃれな“レインパーカー”は、1着は持っておきたい高機能ウェア【後編】
  3. 「G-SHOCKのアナログモデル」おすすめ&ランキング タフネス&唯一無二のデザインが魅力!【2024年4月版】
  4. 「ゴアテックスレザーシューズ」おすすめ3選 ビジネスシーンでも活躍! 上品な防水シューズ【2024年4月版】
  5. 今売れている「SIMフリースマートフォン」ランキング10選&おすすめ 1位のiPhone SEに続いたのはモトローラの2万円で買える超コスパモデル【2024年4月版】
  6. 今売れている「オーブントースター」おすすめ3選&ランキング アイリスオーヤマやコイズミの製品が人気【2024年4月版】
  7. 今売れている「サウンドバー」トップ10&おすすめ3選 Dolby Atmosに独自技術を組み合わせた立体音響にこだわったモデルに注目【2024年4月版】
  8. 8〜9インチ限定 小さくて軽い「Androidタブレット」おすすめモデル3選【2024年最新版】
  9. 今売れている「アウトドアナイフ」おすすめ&ランキング キャンプや釣りなど、野外で活躍!【2024年4月版】
  10. 今売れている「クロスバイク」おすすめ3選&ランキング 2万円前後で買える! スタンドやLEDライト、フェンダーが標準装備でコスパ良し【2024年4月版】