連載
» 2006年09月20日 12時00分 公開

ストレージ関連製品データベース ソフトウェア:柔軟性を競うサーバ・バックアップ・ソフトウェア

[三木 泉,@IT]

 サーバとは切っても切り離せない関係にあるバックアップソフトですが、この10数年間にわたって大きく進化してきました。

 まず、サーバに直結されたテープドライブに対してバックアップを行うという方式に加え、バックアップ対象のサーバにエージェントをインストールし、単一のバックアップ担当サーバでこれらを制御する方式が生まれました。後者の方式をベースとして、複数サーバを一括してバックアップできるだけでなく、異なるOSのサーバをバックアップ対象とすることができる、さらにクライアントPCもバックアップに含めることができるといった、統合的なバックアップ製品が増えてきました。

「まずはディスクにバックアップ」が普通に

 ハードディスクドライブの低価格化の進行で、バックアップソフトにおける「Disk to Disk to Tape」(D2D2T)バックアップ方式への対応が現実味を帯びてきました。D2D2Tバックアップとは、バックアップ対象のサーバのデータを、一時的にハードディスクドライブへ複製し、ここから改めてテープドライブに対してバックアップを実行するというものです。

 テープドライブへの直接バックアップでは、バックアップ作業や復旧に時間が掛かるという問題が指摘されてきました。しかし、D2D2Tバックアップでは、バックアップ対象のサーバはバックアップの作業から非常に短い時間で解放されます。復旧についても同様に短時間で済ませられるようになり、業務への影響を抑えることができます。最近ではDisk to Diskバックアップだけの機能を持った製品も登場していますが、データの保全や長期保存の必要性から、最終的にはテープへのバックアップが欠かせません。

 アプリケーションのオンライン・バックアップ対応も以前から進んでいます。すなわち、各種データベース管理システムやグループウェアなどのアプリケーションが、サーバのハードディスクドライブへの読み書きを行いながら稼働している最中に、その仕事を止めることなくバックアップを取得することのできる機能が、多くのバックアップソフトで提供されるようになっています。

 マイクロソフトが提供しているVSS(Volume Shadow Copy Service)は、Windowsプラットフォームとして標準の方式により、バックアップ・プログラムやアプリケーションが連携して、アプリケーションに影響のないようにスナップショット(特定の時点でのデータ)を取得することを実現しました。バックアップ・プログラム・エージェントなどがスナップショット取得の合図を出すと、VSS対応アプリケーションがトランザクションを終了して待ち状態になります。するとスナップショット取得の作業が行われ、これが終了すると、再びアプリケーションは稼働し始めます。この一連の作業は数秒で済み、実行中のアプリケーションにはほとんど影響がありません。

 Windows対応のバックアップ製品では、このVSSのサポートが広範に見受けられます。サーバOSではWindows 2003がVSSに対応しており、アプリケーションでは、SQL ServerやExchange Serverがこれをサポートしています。

システム復旧を目的とした製品が増加

 システムのバックアップおよび復旧を目的とした製品も増えてきました。万が一本番サーバがクラッシュした場合に、あらかじめ取得しておいたデータだけでなくOSやアプリケーションを含めた特定時点のデータ状態(「イメージ」と呼ばれます)を適用してサーバを元に戻せるというものです。

 システムのバックアップ製品は、必ずしもファイルやディレクトリ単位でのバックアップや復旧には対応していません。しかしファイルのバックアップを提供してきた製品では、システムのバックアップを機能として取り込む製品が次々に現われており、2つの区別は明確ではなくなってきています。

 バックアップ製品では、上記のような機能が標準搭載されているものと、オプションで提供されているものがあります。また、スペックには表れにくいものの、バックアップの速度向上に工夫している製品もあります。

 サーバ・バックアップ製品それぞれについて説明を加えましたので、ご覧ください。

サーバ ファイル/システム・バックアップ・ソフトウェア一覧
(それぞれの製品名をクリックすると説明を表示します)

ShadowProtect 2.0 Server Edition
システム復旧に焦点を当てたDisk to Diskバックアップ・ソフト

Symantec Backup Exec 10d
「いつでもスナップショット」を目指す老舗ソフトウェア

Symantec Backup Exec System Recovery
異機種や仮想環境、リモート環境が得意なシステム復旧ソフト

Acronis True Image 9.1 Enterprise Server
WindowsサーバやLinuxサーバ、PCのシステム復旧ができる

BrightStor ARCserve Backup r11.5
定番商品ARCserveは拡張性と広範なバックアップ対象もポイント

LB Image Backup 7 Server
あらゆるOSに対応したバックアップが可能。システム復旧のための製品

Tivoli Storage Manager V5.3
幅広いオプション群で高度な要件に応えるバックアップ製品

EMC Legato NetWorker
歴史ある製品はクラスタ環境もサポートする

Microsoft System Center Data Protection Manager(DPM)
エンドユーザーを支援するDisk to Diskバックアップソフト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ