連載
» 2007年07月03日 12時00分 公開

[動画]言いたい放題「Ruby×アジャイル開発」(3):RubyがLispから継承したもの、してないもの

第3回は、プログラマの観点から見たRubyの“Rubyらしさ”について議論が盛り上った。

[動画撮影:「歌頭 孝之」,@IT]

■ Rubyらしさ

 Rubyには“Rubyらしさ”というものがありそうだ、と角谷氏は言う。プログラマとしてRuby on Railsでプログラムを書いているまさにその時に、彼はその“Rubyらしさ”というものを感じると話す。いわく、「使う人を信頼している感覚」「Rubyにあるよさ、楽しさというものは(フレームワークである)Ruby on Railsにも受け継がれている」。さらに、Rubyのデザイナであるまつもと氏の考えを、Rubyでプログラムを書く人は継承するのでは、とも指摘する。

 それを受けてまつもと氏は、Rubyに備わっている特徴の多くは、もともとLispにあったものであると話す。LispからRubyへの影響は小さなものではない。平鍋氏も、Rubyは「普通に(プログラムを)書こうと思ったら書ける」言語だとその特徴を賞賛する。

動画撮影:「歌頭 孝之」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ