ニュース
» 2008年04月08日 00時00分 公開

YouTube利用率57%、ニコ動13%、gooが調査著作権に抵触するコンテンツは6割以上が利用経験あり

[西村賢,@IT]

 NTTレゾナントと三菱総合研究所は、共同で展開する「gooリサーチ」においてブロードバンドコンテンツ利用実態調査を実施し、結果を公表した。対象はgooの利用者で有効回答者数は3万6615人。9回目となる今回は動画共有サイトについて調査を行った。

 全回答者の動画共有サイト認知率は70.5%。特に男性(77.9%)や10代(85.8%)で認知率が高かった。動画共有サイトの利用率は60.8%。利用率の高い動画共有サイトとしてはYouTubeが57.4%と高く、「ニコニコ動画」(12.9%)、「Google Video」(8.4%)、「Yahoo!ビデオキャスト」(8.3%)などが続く。

 利用頻度が高いのも10代で、「ほぼ毎日」というユーザが26.5%を占めた。また週に1回以上利用するユーザーは70.4%にのぼる。週1回以上の回答は20代で51.5%、30代で43.5%、40代で43.2%、50代で39.9%と年齢差が大きかった。

 利用しているジャンルとしては、音楽系、テレビアニメ系などが多く、それぞれ44.1%、29.9%となった。企業や有名人などが提供する広告コンテンツの利用経験率も48.4%と高い。

 動画共有サイトで著作権などに抵触するコンテンツにについては、6割以上のユーザーが利用したことがあると回答した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ