ニュース
» 2008年04月15日 00時00分 公開

「業界全体のローンチだ」:Windows Server 2008正式発表、IT技術者を巻き込めるか

[垣内郁栄,@IT]

 マイクロソフトは4月15日、サーバOSの新製品「Windows Server 2008」を正式発表した。同社はハードウェアベンダやソフトウェアベンダ、システム・インテグレータ(SIer)との協業を発表するなど、スタートダッシュに力を入れる。マイクロソフトの代表執行役 社長 樋口泰行氏は「パートナーと連携して準備してきた。今回の発表は製品だけのローンチではなく、業界全体のインダストリ・ローンチだ」と話した。

 Windows Server 2008についてはマイクロソフトはこれまで複数回の説明会を行って機能を説明してきている。代表的な新機能である仮想化ネットワークアクセス保護(NAP)Windows Vistaとの連携「PowerShell」「Server Core」などだ。その中でも、同日の発表会見で米マイクロソフトのプレジデント ジェフ・レイクス(Jeff Raikes)氏が「開発者の人気になる」として力を入れて説明したのは仮想化技術「Hyper-V」だった。

米マイクロソフトのプレジデント ジェフ・レイクス氏

 レイクス氏は「世界のサーバの中で仮想化されているのは5%程度。マイクロソフトはHyper-Vを提供することで仮想化を加速させる」と説明した。 VMwareなど先行する他社に対しては、「Windows Server 2008は仮想化を環境そのものに組み込んでいる。(他社のような)アドオンではない」と指摘し、「すべての企業が使えるようにしている」と話した。ただ、出荷時のWindows Server 2008に含まれるのはHyper-Vのプレリリース版で、正式版は8月ごろに提供される見込みだ。

マイクロソフトの代表執行役 社長 樋口泰行氏

 Windows Server 2008のパッケージ版は4月16日に販売開始する(価格)。ボリュームライセンス版は3月1日に発売した。また、Visual Studio 2008はボリュームライセンス版、パッケージ版とも出荷済み。SQL Server 2008は今年第3四半期に出荷を開始する予定だ。

発表イベントの司会はフリーアナウンサーの草野仁さん

 マイクロソフトはこれまでどおり、Windows Server 2008の展開でパートナーとの協業を重視している。製品発表にあわせて、サーバベンダ13社が今夏までに110機種以上のWindows Server 2008をプリインストールしたサーバを出荷開始すると発表。また、360以上のアプリケーションがWindows Server 2008に対応するという。さらに38社のSIerが基幹系ソリューション、仮想化ソリューションを提供開始する。富士通は仮想化ソリューションの導入検討から事前検証までをトータルで提供する「富士通Hyper-V 仮想化センター」を5月に設立するという。

Windows Server 2008の認定資格の取得者はすでに700人を超えている。Windows Server 2008を早期導入した企業も15社となり、「特に品質がよいというフィードバックを得ている」(樋口氏)という。

 樋口氏は「IT技術者にマイクロソフト製品、会社はいいね、といってもらって初めて、われわれの会社の将来がある」と話し、IT技術者重視を強調した。「マイクロソフトがよくなってきたと言われている。マイクロソフトも変わってきている」と樋口氏は繰り返した。マイクロソフトはWebサイトで展開する発表イベント「Microsoft Launch Wave 2008 Virtual Launch Experience」も始めた。

記者会見で配布した栗山米菓のお菓子「ばかうけ」。栗山米菓はWindows Server 2008の早期導入企業の1社

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ