ニュース
» 2008年06月27日 00時00分 公開

Windows Server 2008に同梱:米マイクロソフトが仮想化技術「Hyper-V」の正式版公開

[垣内郁栄,@IT]

 米マイクロソフトは6月26日(米国時間)、「Windows Server 2008」に含まれる仮想化技術「Hyper-V」の正式版を発表した。マイクロソフトのWebサイトからダウンロードできるほか、Windows Server 2008の顧客は7月8日以降にWindows Updateで正式版を受け取ることができる。

 Hyper-Vはハイパーバイザー型の仮想化技術で、ゲストOSとしてWindows OSのほかにLinuxを稼働させることができる。Windows Server 2008の主要機能の1つだが、Windows Server 2008の発表時にはまだベータ版だった。

 マイクロソフト日本法人は「日本でももうまもなく正式に発表する」とコメントした。

 米マイクロソフトのWindows Server部門のブログによると、マイクロソフトは6月末までに1日に3800万以上のページビューがあるマイクロソフトのWebサイト(microsoft.com)の環境の50%を、Hyper-Vを使った仮想化環境に移行させるとしている。将来的にはmicrosoft.com全体を仮想化環境に移行させる考えだ。

Hyper-Vの管理画面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ