ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月13日 09時43分 公開

デジタルテレビ市場、向こう5年で5倍強に

PCメーカーなどに市場参入の好期が訪れ、従来のテレビメーカーにも新市場開拓のチャンスになるという。

[ITmedia]

 調査会社の米In-Stat/MDRは4月12日、デジタルテレビ(DTV)の世界出荷台数は2004年の1700万台から、2008年には9300万台に拡大するとの予測を発表した。

 In-Stat/MDRは、米国で連邦通信委員会(FCC)が命じたデジタルチューナー搭載の義務付け、欧州における地上波放送局デジタル化の進展、アナログテレビとデジタルテレビの価格差が縮小していくことなどを、市場拡大の要因として挙げている。

 同社のアナリスト、マイケル・エイブラハム氏は、テレビ市場のトレンドとして、CRTから薄型テレビ、マイクロディスプレイ、リアプロジェクションテレビへの移行、北米、欧州、日本などでのデジタルチューナー統合という2つの流れを指摘。これらのトレンドによって、これまでテレビ供給にかかわっていなかったPCメーカーなどに市場参入の好期が訪れ、従来のテレビメーカーにも新市場開拓のチャンスになっていると説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.