ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年05月31日 17時32分 公開

JR西日本など、山陽新幹線の主要駅で無線LANを展開

西日本旅客鉄道(JR西日本)、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ(NTTコム)、日本テレコムは、山陽新幹線の主要駅で無線LAN接続サービスを6月7日より開始する。

[RBB Today]
RBB Today

 西日本旅客鉄道(JR西日本)、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ(NTTコム)、日本テレコムは、山陽新幹線の主要駅で無線LAN接続サービスを6月7日より開始する。

 今回サービスが開始されるこれらのエリアでは、NTT西日本の「フレッツ・スポット」、NTTコムの「ホットスポット」、日本テレコムの「モバイルポイント」のそれぞれのサービスが利用できる。

 なお、これは2003年10月から2004年3月まで実施されていた試験サービス「エキLANスポット」を商用サービスに移行させたもの。アクセスポイントなどのネットワーク設備を3つのが共用しているため、設置スペースや周波数の有効利用につながるとしている。

 詳細は以下のとおり。

■6月7日開始

 新大阪駅 在来線改札内乗換口待合室、中央緑の窓口構内中央待合室

 新神戸駅 新幹線改札内待合スペース、新幹線改札外お待たせ橘前待合いスペース

■7月開始予定

 姫路駅 新幹線改札内待合スペース

 岡山駅 新幹線改札内待合スペース

 福山駅 新幹線改札内待合スペース

 広島駅 新幹線改札内待合スペース

 新山口駅(旧小郡駅) 新幹線改札内待合スペース

 小倉駅 新幹線改札内待合スペース

 博多駅 新幹線改札内待合スペース

■準備中

 大阪駅 中央コンコース砂時計ひろば