ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年03月16日 20時12分 公開

ニコン、薄型コンパクトな5メガ・光学3倍ズーム機「COOLPIX S1」

ニコンカメラ販売が、19.7ミリと薄型でコンパクトサイズの510万画素・3倍ズームデジカメ「COOLPIX S1」を発表。人物の顔を自動検知する「顔認識AF」を搭載。実売は4万5000円前後。

[ITmedia]

 ニコンは3月16日、薄型コンパクトな3倍ズームデジカメ「COOLPIX S1」を発表した。4月15日から発売する。価格はオープンで市場予想価格は4万5000円前後になる見込み。ボディカラーはメタルシルバー/ドルチェブラック/クリームホワイトの3色がラインアップされる。

photo 「COOLPIX S1」。ボディカラーはメタルシルバー/ドルチェブラック/クリームホワイトの3色

 COOLPIX S1は89.9(幅)×57.5(高さ)×19.7(奥行き)ミリ・重さ約118グラム(本体のみ)の薄型ボディに1/2.5インチ有効約510万画素CCD(原色フィルター)と光学3倍ズームレンズを組み合わせたスリム&スタイリッシュなモデル。背面には2.5インチの大型液晶ディスプレイ(約11万画素)を備える。

 2月に発表のCOOLPIX 7900/5900でも採用された「顔認識AF」を搭載。ポートレートモード時に自動的に画面内の人物の顔を検知してピントを合わせることが可能。また、内蔵フラッシュの発光調整とカメラの画像処理で赤目現象を減らす「アドバンスト赤目軽減機能」や、暗く写った部分だけを明るくする「D-ライティング」など便利な機能を装備した。

photo

 レンズは同社独自の屈曲光学系を採用。光学3倍ズーム(35〜105ミリ相当、F3.0〜5.4)EDニッコールレンズを、19.7ミリの薄型ボディに収めた。

 バッテリーは専用のリチウムイオン充電池を採用。フル充電で最大200コマ(CIPA規格準拠)の撮影が行える。PCへの転送や充電が行えるクレードル「COOL-STATION」を標準で付属。記録メディアはSDメモリーカードを使用するほか、本体内に約12Mバイトの内蔵メモリを備えた。

photo 水深40メートルまで使用可能なウォータープルーフケース「WP-CP5」(5月発売)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.