ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年09月14日 12時24分 公開

7メガになったタッチパネル&3インチ液晶「オプティオT20」

ペンタックスが、タッチパネル対応3インチ液晶搭載の「オプティオT20」を発表。画素数が7メガへと強化されたほか、お絵かきモードの機能をブラッシュアップ。アイコンを触れるだけの簡単操作は継承。

[ITmedia]

 ペンタックスは9月14日、コンパクトデジタルカメラ“オプティオ”シリーズの新製品「オプティオT20」を発表した。10月中旬から発売する。価格はオープンで、市場予想価格は4万円前後。

photo 「オプティオT20」

 タッチパネル対応の3インチ液晶を搭載した今年2月発表の「オプティオT20」の後継機。CCDをT10の有効600万画素から1/2.5インチ有効700万画素に画素アップを図った。

 そのほか、撮影画像の加工が簡単に行える「お絵かきモード」時のオートパワーオフ時間が延長されたほか、登録されているイラストを貼り付ける「スタンプ」機能でスタンプの回転(90度単位)が可能になった。またISO感度が従来のISO400からISO800へと高感度化された。

photo

 それ以外の主な仕様はT10と同じ。95(幅)×19.5(奥行き)×58.5(高さ)ミリ・重さ約135グラム(本体のみ)の薄型ボディに広視野角・高精細な大型3インチ液晶(約23万画素)を搭載。タッチパネル機能を備えており、液晶画面に指や付属スタイラスペンで触れることで、撮影画像の確認や各種設定が行える。

photo

 独自のスライディング・レンズ・システムを採用した光学3倍ズームレンズを採用(35ミリ判換算で37.5〜112.5ミリ相当)。最大でVGA(640×480ピクセル)・30fpsの高画質動画撮影が行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.