ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年11月16日 18時32分 公開

ビクター、Blu-ray Discの長時間収録を可能にする「インテリジェントHDエンコード技術」

日本ビクターは、フルハイビジョンソースと同等の画質を維持したまま長時間収録のBlu-ray ROMディスク制作を可能にする「インテリジェントHDエンコード技術」を開発した。

[ITmedia]

 日本ビクターは、フルハイビジョンソースと同等の画質を維持したまま長時間収録のBlu-ray ROMディスク制作を可能にするというMPEG-4 AVC規格対応の「インテリジェントHDエンコード技術」および同技術を採用した「インテリジェントHDエンコーダーシステム」を開発した。

 1920×1080/24pまたは60iのフルハイビジョン映像を24〜12Mbps程度に圧縮。2時間を超える長時間コンテンツでも1層Blu-rayディスクに収めることができるという。

photo 「インテリジェントHDエンコーダーシステム」を導入したスタジオ

 MPEG-4 AVCの特性に着目した独自手法により、MPEG-2の数百倍というきめ細かさで符号化パラメータを制御する2パスエンコードアルゴリズムを開発。実際にエンコードを行うスタジオスタッフとともにチューニングを行った。また、アルゴリズムの複雑化によって増大した処理負荷は、独自の適応型動き推定アルゴリズムなどによって低減。ソフトウェアだけの高速なエンコードシステムを実現したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.