ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年07月09日 16時08分 公開

空気もきれいにする空気清浄機能付き掃除機、三洋から

三洋電機がサイクロン式掃除機の新製品“airsis”(エアシス)「SC-XD1」を発売。空気もきれいにする「空間清浄スタイル」を提案する製品で、空気清浄機機能付き。

[渡邊宏,ITmedia]

 三洋電機はサイクロン式掃除機“airsis”(エアシス)「SC-XD1」を9月1日より販売開始すると発表した。価格は13万1250円。

photo “airsis”(エアシス)「SC-XD1」

 新製品は「掃除機を利用する際、部屋の空気の汚れが気になる」というユーザーの声に応える各種の機能を搭載した。本体に搭載するプラズマ放電ユニットで排気に含まれるホコリを結合させてフィルターでキャッチするほか、排気風速を既存製品の3分の1に抑え、ホコリの舞い上がりを抑える排気機構も搭載した。

 フィルターはクリーンルームで使われる業務用掃除機にも利用される「ULPAリングフィルター」を採用。0.3マイクロメートル以上の微細なホコリはほぼこのフィルターでとらえることが可能で、既存製品に比較すると、排気中に含まれる微細なホコリを99%カットすることに成功したという。

photophoto 写真のSC-XD1はプレミアムホワイト。上部の丸い部分に「ULPAリングフィルター」(写真右)を収納する

 搭載するプラズマ放電ユニットとフィルターを利用し、空気清浄機としての使用も可能だ。ホースを引き抜き、「エアークリーン」ボタンを押すだけで空気清浄機として機能する。能力としては15畳用空気清浄機にほぼ匹敵し、10分間の運転で室内のチリを約60%除去することができる。掃除機をかけた後の室内空気洗浄のほか、ペットのいる部屋や子供部屋などで本機能だけを利用するというスポット的な使い方もできる。

 そのほか、掃除機をかけた後のフローリングなどにウェットシートでふき掃除をするというユーザーが多いことにも着目。ブラシにウェットシート着脱機能を搭載しており、吹きあげ掃除が終われば、手元のボタンでシートを掃除機内に吸い込める。

photophotophoto ブラシにウェットシートを装着可能。手元の「シート/ふく」ボタンを押せば吹き上げながらの吸い込み掃除も行える。なお、「シートはずす」を押せばシートが自動的にダストボックスに吸い込まれる

 また、サイクロン式の弱点といわれていたフィルターの目詰まりに対応するため、フィルターの手前にティッシュペーパーを挟み込むことで対処する「ティッシュでブロック」機構を採用。フィルターそのものには自動清掃機能も搭載されており、「10年間フィルター掃除不要を実現した」(同社)。

photophotophoto ティッシュペーパーを挟み込むことで目詰まりを防ぐ「ティッシュでブロック」

 吸込仕事率は500ワット〜約70ワット。本体カラーはプレミアムホワイト/シャンパンゴールド/パールピンクの3色。サイズは380(長さ)×270(幅)×240(高さ)ミリ、5.4キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.