ニュース
» 2007年11月29日 00時00分 UPDATE

2007年のヒット商品――電通が分析する5つの“売れるポイント”

電通の消費者研究センターは「消費者が選んだ2007年話題・注目商品」を発表、ニンテンドーのゲームが1位と2位を独占した。2007年の消費キーワードは「ネタ共振消費〜ネタでつながり、ネタではじける」だと命名している。

[土肥義則,Business Media 誠]

 電通の消費者研究センターは11月28日、「消費者が選んだ2007年話題・注目商品」を発表した。昨年5位だった「ペンタッチ携帯ゲーム」(ニンテンドーDS Lite)が1位、次いで44位だった「新感覚リモコンTVゲーム」(Wii)は2位に躍り出た。このほか3位には「ビリーズブートキャンプ」(別記事参照)、4位には「デジタルカメラ」、5位には「大画面薄型テレビ」が選ばれた。

 インターネットによる調査で、全国15歳以上の男女1000人が回答。調査期間は11月2日から11月4日まで。

yd_dentu.gif

消費キーワードは「ネタ共振消費〜ネタでつながり、ネタではじける」

 電通は2006年の消費キーワードを「消費2.0〜誰もが参加、誰もが主役。」と命名。2007年の消費キーワードは「ネタ共振消費〜ネタでつながり、ネタではじける」とした。その理由として、「消費者同士のつながりが広まる中で、はじけるような現象が目に付いた。話のネタになる商品やサービスに消費者が共振するメカニズムが働いた」としている。

5つの誘因ポイント ネタ共振消費を起こしやすい心理
トリッキーファクト 見た目ですごさが分かり、後で手品の種明かしのごとく、予想外の事実や仕掛けが分かって納得が深まるもの
何か買うなら「気持ちよく騙されたい」という心理
ずれカワ キメすぎず、ツッコミどころの余地を残したり、余剰を楽しむことで、会話が生まれ、盛り上がるもの
微妙にはずしてあるものを「カワイイ」と思う心理
物語転生 かつて爆発的に流行し、誰もが知っていて感動を覚えた内容をベースに、新しさを加えたもの
みんなと「分かる、分かるを共有したい」心理
人肌バーチャル バーチャル世界でも、人体に即していたり、サイトに人が訪れた気配を確認できるなど、人の温もりを感じるもの
私は「独りじゃないことを実感したい」心理
ざんげリスタート 自分と真剣に向き合って気持ちをリセットしたり、反省する人を応援するもの
「前向きにやり直したい」「反省する人を応援したい」心理

2008年も流行が続きそうな商品

yd_lite.jpg ニンテンドーDS Lite

 2008年も流行が続きそうな商品は、「ペンタッチ携帯ゲーム」が最も多く56.1%、次いで「大画面薄型テレビ」が54.2%、「電子マネー」が53.6%。全体的にデジタル系及びエコ系が上位にランクインする傾向が出た。その中でも「軽自動車」と「シニア用・キッズ用携帯電話」「バイオ燃料」は、2007年のランキングよりも高い結果となった。

 雑誌の編集長※が選んだ2008年に流行しそうな商品は、「商品・サービス」部門でキッズ・ベビー向けプレミアム商品、個人認証電子カードサービス(taspo)などが挙がった。「ライフスタイル」部門ではカーボンニュートラル・ムーブメント、美容医療、「イベント」部門では北京五輪、平成20年目メモリアルなどの声があった。

※協力した雑誌はR25、L25、食楽、smart、ソトコト、宝島、NIKITA、日経エンタテイメント!、MORE、LEE、LEONなど。
yd_dentu1.gif 消費者が選んだ2008年も流行し続けそうなもの

 ちなみに「消費者が選んだ2006年話題・注目商品」(PDF)において、電通は「動画投稿サイト」「週末農」「国立新美術館」「ネットワーク家電」「少子化対策サービス」「ケータイSNS」「ハッピーリタイアSNS」「家庭用ロボット」「次世代リモコン操作TVゲーム」「東京ミッドタウン」「高額高機能家電」「腕時計の復権」などが2007年に流行りそうだと予想している。

 2007年もあと1カ月と少し。去年の予想と照らし合わせながら、今年の流行を振り返ってみるのも面白いかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -