ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子マネー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電子マネー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電子マネー関連の質問をチェック
「電子マネー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Square、ソニーのローカル5G「MOREVE」に決済ソリューション提供 混雑した場でもスムーズに決済処理
Squareは、ソニーワイヤレスコミュニケーションズのローカル5Gを活用したサービスプラットフォーム「MOREVE」へ決済ソリューションを提供。無線通信とは別の回線を利用し、混雑する場でもスムーズな決済処理を可能とする。(2024/2/20)

MMD研究所調べ:
「ポイント経済圏」競争が激化 楽天、イオン……総合満足度トップは?
MMDLabo(東京都港区)が運営するMMD研究所が「2024年1月ポイント経済圏のサービス利用に関する調査」を実施した。総合満足度が最も高いポイント経済圏とは。(2024/2/14)

スマホ複数台持ちの筆者が「一部のスマホにロックを掛けない」理由
筆者は手持ちのスマートフォンのうち、何台かは画面のロックをかけない状態で利用している。SNSをはじめとしたオンラインコミュニティーにその現状を第三者が発信できるようにしているため。「デジタル遺品、遺産」をどう残すかを考えておきたい。(2024/2/12)

ポイント経済圏を「最も意識」は楽天が最多 満足度が高いサービスは? MMDが調査
MMD研究所は、2月7日に「2024年1月ポイント経済圏のサービス利用に関する調査」の結果を発表。現在活用している共通ポイント「楽天ポイント」が多く、ポイント経済圏の総合満足度は「PayPay経済圏」がトップとなった。(2024/2/7)

他人名義のd払いで1000万円以上詐取疑い 大阪府警、架空決済でベトナム人グループ逮捕 総額2000万円以上詐取か
他人名義のスマートフォンで、NTTドコモの電子決済サービス「d払い」を不正利用し現金をだまし取ったとして、大阪府警国際捜査課などが電子計算機使用詐欺などの疑いで、大阪や兵庫に住む20〜30代のベトナム人グループ5人を逮捕していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。府警は令和5年5月から同様の手口で不正を繰り返し、2千万円以上を詐取したとみて実態解明を進める。(2024/2/5)

スマートリテール:
「自販機以上コンビニ未満」に最適、最新のAI無人決済店舗が品川駅で実証実験
AI無人決済店舗システムを手掛けるTOUCH TO GO(TTG)が、2024年2月1〜6日の期間、JR品川駅構内の改札内イベントスペースにおいて、最新ソリューションである「TTG-SENSE SHELF」のユーザーテストと購買体験の精度検証を行っている。(2024/2/2)

キャッシュレス決済、使用頻度が多いのは「クレカ」 理由は?
「クレジットカードの知恵袋」を運営するNEXERは、キャッシュレス決済に関する調査を実施した。その結果、90.1%が「キャッシュレス決済を使用している」と回答し、キャッシュレス決済の中で特に利用者が多いのは「クレジットカード」であることが分かった。(2024/2/1)

スマホ不要の生体認証で買い物可能な時代へ
“安全と利便性”を両立した「生体認証」活用で東武鉄道と日立がめざす未来とは
東武鉄道と日立製作所は生体認証を活用することで、消費者の利便性向上や社会課題の解決をめざす。両社が共同開発したデジタルアイデンティティーの共通プラットフォームについて、求められた技術要件や課題、今後の展望と併せて紹介する。(2024/2/1)

Suicaのペンギンがおむすびになった!? かわいいデザインのエコバッグ付おむすびセット登場
おむすび処「ほんのり屋」で販売。(2024/1/28)

モバイル決済の裏側を聞く:
スマホから“手数料無料”で口座のお金を移動 「エアウォレット」の仕組みと決済戦略に迫る
送金アプリ「エアウォレット」は、リクルートと三菱UFJ銀行のジョイントベンチャーである「リクルートMUFGビジネス」が提供している。手数料無料で金融機関のお金を移動できるのが特徴だ。ためたお金は決済ブランド「COIN+」による決済も可能だ。(2024/1/19)

au PAYプリペイドカード、タッチ決済に対応へ カード情報は裏面に印字
KDDIは「au PAYプリペイドカード」の刷新を案内している。カード情報を裏面に印字する他、タッチ決済が使えるようにする。ECサイトで使えるバーチャルカードの発行も予定する。(2024/1/11)

TポイントとVポイント、4月22日に「Vポイント」へ アプリもリニューアル
CCCMKホールディングスと三井住友カードは、4月22日から新たな「Vポイント」を開始。TポイントとVポイントの名称とロゴは、自動的に青と黄色のVポイントへ変更される。(2024/1/9)

利用者が多い電子マネー 3位「Suica」、2位「WAON」、1位は?
利用者が多い電子マネーは何か。また、利用することの多い場所はどこか。ナビットが調査結果を発表した。(2024/1/4)

Appleギフトカード購入で「最大10%還元」 各コンビニやLINEが対象 iPhone購入にも使える
毎年恒例、年末年始のApple Gift Cardキャンペーンが12月25日からスタートしている。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートに加え、TSUTAYA、LINE Payでも同様の施策を展開。各社ともキャンペーンは1月7日まで。(2023/12/27)

楽天、株主優待を変更 楽天キャッシュ→楽天モバイルのデータ専用eSIMに
楽天グループは、株主優待の内容を変更すると発表した。2022年までは電子マネー「楽天キャッシュ」を500〜2500円分配布していたが、23年は楽天モバイルのデータ通信専用eSIM(30GB/月)を無料提供する。(2023/12/26)

被害の9割が「Appleギフトカード」 電子マネーだまし取る特殊詐欺が過去最多 
全国の警察で2023年1〜11月に認知した特殊詐欺被害のうち、電子マネーを購入させてだまし取る手口が過去最多となったことが、警察庁のまとめで分かった。(2023/12/25)

1000人に聞いた:
「お年玉」もキャッシュレス時代? 賛否それぞれの見解は
家族の絆を深めたり、新年の幸運を願う文化として広く日本に根付いている「お年玉」。では、お年玉の相場はいくらなのか。ナビットが調査を実施した。(2023/12/25)

「ゴンチャ 自由が丘店」オープン、特化型店舗が登場
ゴンチャ ジャパンは、同社にとって国内初のセルフオーダー特化型となる店舗「ゴンチャ 自由が丘店」をオープンする。(2023/12/19)

ふぉーんなハナシ:
スマホに“三種の神器”だった「ワンセグ」「おサイフケータイ」「赤外線」が必須ではない理由
日本のフィーチャーフォンやスマートフォンには、かつて“三種の神器”と呼ばれるものがあった。「ワンセグ」「おサイフケータイ」「赤外線」だ。現在は必須といえなくなった理由を考えてみたい。(2023/12/18)

編集部コラム:
シリコンバレー発のベンチャーが手掛ける“ラーメン”を正直にレビューしてみた
日本の国民食であるラーメン。これを自動販売機で提供するフードテックベンチャーがあるのを知っているだろうか。ラーメン好きの筆者が実食して正直にレビューした。(2023/12/13)

mineo、2024年に長期利用特典を復活へ 電気通信事業法の“規制対象外”を受けて
総務省は12月4日、「電気通信事業法第27条の3等」の運用に関して、改正したガイドラインを公表した。IIJとオプテージが規制対象外となった。オプテージはmineoにて、長期利用特典を提供する見込み。(2023/12/6)

ドコモ、「iD」で500人に1000円分キャッシュバック 初めて/久々の利用で12月31日まで
NTTドコモは、電子マネー「iD」を初めて利用、または2023年9月以降利用していないユーザーから抽選で500人に1000円分を還元するキャンペーンを開催。1回の会計につき500円(税込み)以上の利用を1口とする。(2023/12/1)

顧客を「ファン」にして売り上げを増やす:
PR:「勝てるアプリ」の特徴は? 4つの成功事例を紹介
小売業において顧客との関係を深化させるためにアプリの活用は不可欠だ。「勝てるアプリ」は「ただのECアプリ」と何が違うのか。4つの成功事例から浮かび上がる特徴とは。(2023/11/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
QRコード、タッチ決済 鉄道はキャッシュレス乗車でどのように進化するか
JRや大手私鉄では、すでに交通系ICカードが普及・定着したにもかかわらず、QRコードやクレジットカードのタッチ決済が導入されつつある。交通系ICカードで十分なはずが、なぜQRコードやクレジットカードタッチ乗車にも対応するのか。これからどうなっていくかを考えてみたい。(2023/11/25)

「dカード GOLD」の年間利用特典を2025年から引き下げ 100万円で1.1万円→1万円に
NTTドコモは、「dカード GOLD」の年間利用特典を2025年配布分から変更する。利用金額に応じてもらえる選べるクーポンが、現行の100万円で1万1000円相当または200万円で2万2000円相当から、100万円で1万円相当に引き下げる。新たな特典を2024年秋に発表する予定。(2023/11/20)

決済端末「楽天ペイ ターミナル」で楽天ポイントカードが利用可能に 初期費用0円キャンペーンも
楽天ペイメントは、楽天ペイ(実店舗決済)のオールインワン決済端末「楽天ペイ ターミナル」で楽天ポイントカード機能を取り扱い開始。本機能を新規で申し込みした加盟店向けの初期費用0円キャンペーンも行う。(2023/11/15)

半径300メートルのIT:
フィッシングの流行手法から考える “全員参加”のセキュリティ対策
個人を狙うランサムウェア攻撃は一時期と比べて減少し、攻撃の主軸はフィッシングへとシフトしています。高度化する詐欺に私たちはどう対抗すればいいのでしょうか。(2023/11/14)

一部クレジットカードで決済できない障害 「クレカ使えない」「レジが混乱」利用者から悲鳴
駅、スーパー、コンビニなどでクレカが使えない問題が発生。(2023/11/11)

赤羽署の架空請求対策がアタマいい? コンビニに「未納料金支払いの方はお持ちください」カード設置 実施の経緯を聞いた
警視庁赤羽警察署が実施している架空請求詐欺対策がユニークな一手として話題に。同署に実施の経緯を聞いた。(2023/11/8)

「nanaco」コールセンターで顧客の電子マネー残高を詐取、NTTネクシア元社員
NTTネクシアは2日、「nanacoお問い合わせセンター」業務において、元社員が一部顧客の情報を不正に利用し、残高を私的に詐取していたと公表した。(2023/11/8)

「nanaco」コールセンター社員が客の残高詐取 NTTグループ企業が謝罪…… 社員は懲戒解雇に
利用客情報を不正利用していました。(2023/11/8)

直近1年、店舗で利用した決済手段 1位「現金」、2位以下は?
多くの人が利用している決済手段は何か。直近1年に店舗で買い物する際に利用したものを聞いたところ、1位は「現金」だった。2位以下は何がランクインしたのか。(2023/11/3)

WAONが「カードキャプターさくら」の描き下ろしカードを期間限定発行 Apple Payで利用
イオンは、電子マネー「WAON」とテレビアニメ「カードキャプターさくら」とのコラボレーションカードをApplePayのWAONで発行。描き下ろしカードを2種提供し、2024年1月25日まで手数料無料で発行できる。(2023/10/27)

セブン-イレブンでAppleアカウントに即チャージ Apple Gift Cardが不要に
セブン-イレブン・ジャパンは10月23日、全国のセブン‐イレブン店頭レジでAppleアカウントに即時チャージできるサービスを始めた。同社が翌24日に発表した。Apple Gift CardのPIN番号を読み取るなどの手間を省き、利用者の利便性向上を図った。(2023/10/24)

大阪万博の電子マネーは「ミャクペ!」 ミャクミャクのNFTもらえる「ミャクーン!」も
大阪万博独自の電子マネーは「ミャクペ!」。万博関連イベント参加でもらえるNFTは「ミャクーン!」に。(2023/10/24)

アプリは配信開始済み:
大阪・関西万博の公式電子マネーが登場 その名は「ミャクペ!」
2025年4月から開催される予定の「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」に向けて、公式デジタルウォレットサービスが提供されることになった。サービス自体は11月1日(一部は2025年5月)から提供される予定だが、スマートフォンアプリは既にダウンロードできるようになっている。(2023/10/23)

万博電子マネーの愛称は? ポイントは「ミャクポ!」
2025年大阪・関西万博を運営する日本国際博覧会協会は23日、独自の金融サービスで使用する電子マネーの愛称を「ミャクペ! MYAKU−PE!」、ポイントを「ミャクポ! MYAKU−PO!」とすると発表した。(2023/10/23)

拝観料DX:
「祈る行為に税金はかけられない」――延暦寺から学ぶ、宗教とキャッシュレス化の難しさ
2019年6月、宗教とデジタルの複雑性について考えさせられる出来事があった。約1000の寺院が加盟する京都仏教会が、拝観料などを電子マネーやクレジットカードで支払う「キャッシュレス化」に反対する声明文を出したのだ。他方で、比叡山延暦寺はキャッシュレス化を進めている。そこに取り組む理由とは何か。(2023/10/11)

「Suicaのペンギン」テーマのショップ「Pensta」が上野駅に5年ぶり復活! 新たに「カフェ」も併設
スイペンづくし!(2023/10/8)

新たな土地活用:
コインパーキングなのに、精算機がない 「常識破り」で「エコ」な駐車場が生まれたワケ
コインパーキングにつきものの精算機がない。それどころか、車を制御するフラップ板もなく、電力を完全ソーラーでまかなう駐車場がちらほら出てきている。どのように実現しているのか。(2023/9/29)

CEOに突撃:
「クレカ積み立て」月額上限5万→10万円に拡大 tsumiki証券“異例の一手”の真意
これまで“クレカ積立”は各社横並びで月間5万円が上限だったが、tsumiki証券は業界で初めて月間10万円まで拡大する。なぜ各社ともに月間5万円が上限だったのか。また月間10万円に増加することの意味はどこにあるのか。tsumiki証券の青木正久CEOに聞いた。(2023/9/26)

「サポート詐欺」「ランサムウェア」「偽Wi-Fi」に要注意:
「サイバー攻撃の被害は警察署に通報を」――警視庁が解説する最新の脅威動向、セキュリティ対策の基本
サイバー攻撃の脅威を対岸の火事と捉える経営者は珍しくない。だが現実は、企業規模を問わず、脆弱性のあるシステムを標的にサイバー攻撃が仕掛けられ、システムを使用していた自社はもちろん、取引先にまで影響を及ぼすケースが起きている。東京商工会議所が主催したセミナーに登壇した警視庁の担当者が、最新の脅威動向、サイバーセキュリティ対策の基本を解説した。(2023/9/22)

FeliCa対応スマートウォッチ「Galaxy Watch6/6 Classic」9月15日に発売
サムスン電子は、スマートウォッチ「Galaxy Watch6」「Galaxy Watch6 Classic」を発売。Galaxy Watchで初めてFeliCaに対応し、交通系ICカード「Suica」、NTTドコモの電子マネー「iD」、JCBの電子決済サービス「QUICPay」も利用できる。(2023/9/12)

建設業のバックオフィスから考える2024年問題:
アメックス副社長が建設業界を独自分析(後編)―建設業務にカード決済がなぜ必要か?
前編では建設・建築業界における経理業務の実態について、アメリカン・エキスプレスが2023年4月に実施した調査結果から、業界の現状やクレジットカード決済の利用状況などの調査結果を紹介しました。後編となる今回は、企業のキャッシュフロー管理やクレジットカード決済の利用希望の実態について調査結果を紹介していきます。(2023/9/8)

PR:複雑な条件なし! 「IIJmioひかり」+「IIJmio」を契約すればずっと“660円割引” その安さを検証
IIJ(インターネットイニシアティブ)はモバイル通信サービスの「IIJmio」だけでなく、固定回線サービスの「IIJmioひかり」も提供している。このIIJmioひかりをIIJmioとセットで利用すると、通信費がとてもお得になる。モバイルも固定もお得に利用できる秘密を解説しよう。(2023/9/6)

お店が閉まった後でもご飯が買えるセルフレジ無人販売機、JR総武線の駅ビルに続々登場
ジェイアール東日本都市開発は4日、駅ビル内の店舗が閉まった後でもお弁当やお惣菜を販売できるセルフレジ型の無人販売機「エキピック」を本格展開すると発表した。(2023/9/4)

楽天ペイ、使う&送るで楽天ポイント100万山分けキャンペーン開催 10月2日まで
楽天ペイメントは、10月2日まで「楽天ペイアプリで使う!送る!楽天ポイント100万山分けキャンペーン」を実施。楽天ペイアプリのコード、QR、セルフ払いを利用し、楽天キャッシュを送付したユーザーが対象となる。(2023/9/1)

ジー・プラン株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:ポイントサービス改善事例集、顧客満足度向上につながる各社の共通点とは
企業独自のポイントを、汎用性の高さが魅力の「共通ポイント」などに交換したいというニーズが高まっている。その際に活用したいのが、ポイント交換ソリューションだ。成果を挙げた複数の事例から、その効果を考察する。(2023/8/30)

ラーメン、カレー、駅弁:
自販機業界に地殻変動? 「140円」の缶コーヒーは高いと感じるのに、「1000円」のラーメンが売れるワケ
自販機業界に変化の波が訪れている。これまではたばこや飲料の販売がメインだったところが、ラーメンにカレー、駅弁といった「食べもの」を中心にさまざまな商品がラインアップされるように。いったいなぜ?(2023/8/28)

ピンポン玉を卵黄に見立てた卓球台がナイスアイデア 料理に卵黄が乗れば加点のお腹が減るルールで遊べる
予想以上においしそうに見える。(2023/8/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。