ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子マネー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電子マネー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電子マネー関連の質問をチェック
「電子マネー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

半額以上割引するセールも:
ドンキ渋谷、「NFT」の配布キャンペーン 開業5周年記念で限定イラストを用意
MEGA ドン・キホーテ渋谷本店は開業5周年を記念してNFTの配布キャンペーンを実施する。ドン・キホーテのキャラクター「ドンペン」の5周年限定イラストをデジタル化。最低でも半額以上の割引を実施するタイムセールも開催する。(2022/5/10)

ノーコードでアプリを開発するヤプリが明かす:
PR:「成果をたたき出す」企業アプリの共通点
企業の公式アプリは、うまく運用すればブランドのファンとのつながりを深め、購買額や購買回数を上昇させることが可能だ。「成果を出す」企業アプリの共通点はどこにあるのか。また、開発のためのリソースを持たない小売事業者がアプリを制作する手だてはあるのだろうか。(2022/5/16)

映画「シン・ウルトラマン」とコラボしたソニーのスマートウォッチ、1000台限定で販売
ソニーは9日、映画「シン・ウルトラマン」とコラボレーションしたスマートウォッチ「wena 3 -Ultraman Edition-」を発表した。6万8200円前後で11月に発売する。(2022/5/9)

「wena 3」にシン・ウルトラマンモデルが登場 限定1000台で6万8200円
ソニーが、スマートウォッチ「wena 3」と「シン・ウルトラマン」のコラボレーションモデル「WNW-SA21A/B」を11月7日に発売する。価格は6万8200円(税込み)で、限定1000台の販売としている。ソニーストア、円谷ショップ、ウルトラマンショップが取り扱う。(2022/5/9)

iPhone Tips:
iPhoneの「ウォレット」アプリで飛行機に搭乗する方法
iPhoneの「ウォレット」アプリには、搭乗券やチケット、ポイントカードなどを登録する機能もあります。その中でも非常に便利なのが飛行機の搭乗券を追加する機能。スマホ1台でカウンターでのチェックインをスルーして空港の保安検査場に直接向かうことができます。(2022/5/3)

警視庁、警察署の窓口にコード決済を導入 運転免許更新でPayPayの利用可能に
クレカと電子マネー対応に続き、コード決済もOKに!(2022/5/2)

ファミマ、全国5店舗目の無人決済店 千葉・柏の物流施設に出店
ファミリーマートは4月30日、TOUCH TO GO(東京都港区)が開発した無人決済システムを導入した店舗として「ファミリーマート八洋LP北柏/S店」(千葉県柏市)をオープンする。(2022/4/28)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

警視庁、PayPay対応 5月2日からコード決済利用可能に
警視庁は5月2日から、手数料の支払いにおいてPayPayなどコード決済に対応する。対応するのは、PayPay、d払い、楽天ペイ、メルペイ、au PAY、ゆうちょPayの6種類。(2022/4/26)

総務省「スマホ乗り換え相談所」で見えた、脱・格安スマホと乗り換えの壁
2021年は政府の呼びかけにより、オンラインブランドの提供開始や「スマホ乗り換え相談所」の実証実験が行われた。この「スマホ乗り換え相談所モデル事業」の効果や課題について振り返っていく。(2022/4/26)

人手不足・非接触 無人コンビニ拡大 ポプラ、工場・学校・病院に1坪から出店
オフィスや工場、学校、病院など特定の人が利用する施設内を対象に、1坪から売り場をつくれるようにしたもので、福利厚生を充実させたいといったニーズに対応した。(2022/4/19)

「拡大していく組織を支えるには、適切な責務分担とスモールチームが大切」:
「創業当時は良い選択だった」――マネーフォワードのアーキテクチャ変遷、クラウドネイティブに変革した理由
2022年3月10〜11日に開催された「ITmedia Cloud Native Week 2022春」の基調講演に、マネーフォワードの取締役執行役員 D&I担当 CTO(最高技術責任者)中出匠哉氏が登壇。「40を超えるサービスを“素早く継続して”生み出し続ける、クラウドネイティブな秘訣(ひけつ)」と題して、マネーフォワードにおけるクラウドネイティブ技術活用のポイントやサービスを迅速提供するための秘訣を紹介した。(2022/4/19)

スマホ料金プランの選び方:
ドコモ「5Gギガライト」から「ahamo」へ、「dカード GOLD」から「dカード」への乗り換えを検討した結果
毎月、利用するデータ量は多くても5GB程度の筆者はドコモの「5Gギガライト」を利用しているが、「ahamo」の登場で事情が変わった。ahamoは月額2970円で20GBのデータが利用でき、国内通話は5分まで何度でも無料。そこで今回、重い腰を上げて、真剣に乗り換えを検討してみた。(2022/4/14)

日銀はデジタル通貨をどう考えているのか? 実証実験フェーズ2開始のCBDC
中央銀行発行のデジタル円、いわゆるCBDCは、概念実証のフェーズ1を終了し、4月からはフェーズ2に移行する。では現時点で日銀はデジタル通貨をどう考えているのか。日銀の内田眞一理事は「CBDCを発行するとすれば」と題した開会挨拶で、現時点でのデジタル通貨との向き合い方を話した。(2022/4/13)

iPad向け決済端末「Squareスタンド(第2世代)」が5月発売 リーダー内蔵でFeliCaにも対応
Squareは、iPadをPOSレジとして使う「Squareスタンド」の第2世代製品を発表した。スタンド自体にカードリーダーが内蔵されたことで、レジ周りをスッキリとまとめることができるようになった。発売は5月から、価格は2万9980円(税込み)。(2022/4/12)

PayPay、全国のほぼ全てのコンビニを制覇 NewDaysで4月中旬から順次導入
「NewDays」で、4月中旬からPayPayの導入が始まることで、PayPayが全国のほぼ全てのコンビニエンスストアで利用可能になる見通しとなった。NewDaysではJR東が自社の電子マネー「Suica」を優先する姿勢のため、コード決済の導入が遅れていた。(2022/4/11)

PayPay、NewDaysで4月中旬から順次導入 全国のほぼ全てのコンビニで利用可能に
スマートフォンのQR決済大手PayPayが、全国のほぼ全てのコンビニエンスストアで利用可能になる見通しとなった。JR東日本の子会社が運営する「NewDays」で、4月中旬からペイペイの導入が始まることが関係者への取材で9日分かった。(2022/4/10)

WEST EXPRESS 銀河の「銀河特製あなご和膳」:
「WEST EXPRESS銀河」だけで楽しめる! 銀河特製弁当と福山駅のおもてなしとは
WEST EXPRESS 銀河は、乗るのも見るのも食べるのもおもてなしたくさん。特に、乗った人限定の銀河特製弁当は要チェックですよ!(2022/4/9)

TOYOTA Walletアプリから「au PAY」を利用可能に Pontaポイントとのひも付けも可能
トヨタのキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」において、au PAYを利用できる機能が追加された。これにより、同アプリからau PAYでの支払いや残高チャージを利用できるようになった。(2022/4/6)

できたてラーメンが出てくる自動販売機が羽田空港に 注文後約90秒で熱々ラーメン
定番の塩・醤油・とんこつ・みその4種類。(2022/3/24)

モスバーガーがコード決済を拡充 ネット注文で「d払い」「PayPay」も対応
全国のモスバーガー店舗がバーコード決済の対応ブランドを拡充し、「メルペイ」「J-Coin Pay」「ゆうちょ Pay」「Alipay」「WeChat Pay」を利用可能に。ネット注文では「d払い」「PayPay」が選択可能となる。(2022/3/22)

コロナ禍のニーズ取り込む:
非対面で荷物預けられるように 新宿ワシントンホテルがセルフロッカー導入
新宿ワシントンホテルは、宿泊客が非対面・非接触で手荷物を預けられる「宿泊者専用セルフクローク」を設置したと発表した。(2022/3/22)

STATION BOOTH:
JR東西が提携 大阪駅や金沢駅構内に“JR東のシェアオフィス”設置
JR東日本は、JR西日本と連携し、西日本エリアで個室型シェアオフィス「STATION BOOTH」を展開すると発表した。(2022/3/22)

対応第1弾は「モバイルSuica」:
銀行口座から電子マネーに直接チャージ ローソン銀行が「Suittoアプリ」の提供を開始
ローソン銀行が、銀行口座から電子マネーに直接チャージできるアプリ「Suitto(スイット)」の提供を始めた。ローソン銀行を含む10の金融機関の口座を登録可能で、対応電子マネーの第1弾は「モバイルSuica」となる。(2022/3/16)

謎の「たこ焼き集団」が川下り!? “たこ焼きひと舟”を本物の舟で再現した様子がシュールでかわいい
かぶり物の中身は……?(2022/3/14)

年度末も最大20〜30%還元がめじろ押し! スマホ決済3月のキャンペーンまとめ【3月13日最新版】
2022年3月13日〜22日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayはセブン-イレブンアプリで1%〜1000%を還元。au PAYは同アプリで使える200円引きクーポンを配布しているが、なくなり次第終了する。(2022/3/13)

金融DX:
「プログラム可能な民間デジタル通貨」とは何か 産業界のデジタル変革にどう貢献する?
中国でデジタル人民元の実証実験が進むなど、各国で「デジタル通貨」実用化に向けた試みが続いている。デジタル通貨はこれまでの通貨と何が違うのか。ITジャーナリストがデジタル通貨の本質に迫る。(2022/3/11)

オリジナルデザインカードを発行:
楽天×西友のOMOが新フェーズに 「楽天ポイント」を軸に協業を強化
西友と楽天グループは、西友が運営する「西友」「リヴィン」「サニー」全店舗において、「楽天ポイント」を軸にしたOMO戦略の新たな協業体制を4月から本格的に展開すると発表した。楽天の三木谷社長は「スーパーマーケットはOMO時代に突入した」と力強くアピールしているが、どのような戦略を描いているのか。(2022/3/10)

西友“楽天ポイントがたまる日本最大のスーパー”に 独自の楽天カード発行など協業強化
楽天グループと西友は、4月から協業をさらに本格化させる。西友オリジナル楽天カードを発行する他、ネットスーパーアプリに店舗で使える機能も追加する。(2022/3/10)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
モバイルバッテリー、どうやって処分する? 最近はどう呼ぶ? 気になったあれこれ
モバイルバッテリーなどの充電アクセサリで有名なAnkerがモバイルバッテリー無料回収キャンペーンを展開している。そもそも分かりづらいモバイルバッテリーの処分、どうすればいいの?(2022/3/7)

最大30%/10万円還元のお得な施策が続く! スマホ決済3月のキャンペーンまとめ【3月6日最新版】
2022年3月6日〜14日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayはセブン-イレブンアプリで1%〜1000%を還元。KDDIは「たぬきの大恩返し 春」で最大10%を還元している。しまむらでは、iDやSuicaの利用で7300人に商品券が当たるキャンペーンを実施されている。(2022/3/6)

ポプラ、1坪から設置できるセルフ無人店「スマートセルフ」展開開始
コンビニを展開するポプラは3月2日、セルフ決済型の超小型無人店舗「スマートセルフ」の展開を開始したと発表した。(2022/3/4)

東京ドームの「現金お断り」に賛否両論 キャッシュレス決済手段を持たない人は?
リニューアル工事を済ませてオープンした「東京ドーム」。場内で現金が使えない完全キャッシュレス化には異論も多いが、サポート体制は充実している。(2022/3/4)

東京ドームに幅125mの巨大ビジョン登場 完全キャッシュレスに“顔パス”入場も
過去最大のリニューアル工事を済ませ、3月2日にお披露目した「東京ドーム」。日本最大級のLEDビジョンに加え、場内の完全キャッシュレス化や顔認証技術の本格導入などデジタル化を一気に進めた。(2022/3/3)

電子マネーでの保険金支払いサービス 損保ジャパンと日本ユニシス
 損害保険ジャパンと日本ユニシスは2月28日、「電子マネーによる保険金支払いサービス」の共同検討を開始すると発表した。両社は、2022年5月のサービス提供を目指すことで合意。電子マネーによる保険金の支払いは、損害保険会社では国内初の取り組みとなる。(2022/3/1)

保険金、電子マネーで受け取り可能に 損保ジャパンが5月提供予定
損害保険ジャパンと日本ユニシスは、国内初の電子マネーによる保険金支払いサービスを5月から提供予定と発表した。従来の銀行口座に加えて、普段利用している電子マネーアカウントを保険金の受取先に指定可能。QRコード決済サービスを対象に展開予定。(2022/2/28)

乱立する日本の金融決済システムは海外と比べて遅れているのか? そうとも言い切れない事情
2月初旬、文春オンラインにカンボジアでデジタル通貨「Bakong」を立ち上げた宮沢和正氏のインタビュー記事が掲載された。決済サービスが乱立する日本が海外の決済システムに乗っ取られる危険性を警告していたが、実際に起きうるのか。決済ジャーナリストの鈴木淳也氏が考察する。(2022/2/28)

最大30%/10万円還元のお得な施策が続く! スマホ決済3月のキャンペーンまとめ【2月28日最新版】
2022年2月28日〜3月6日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayはセブン-イレブンアプリで1%〜1000%を還元。KDDIは「たぬきの大恩返し 春」で最大10%を還元している。しまむらでは、iDやSuicaの利用で7300人に商品券が当たるキャンペーンを実施されている。(2022/2/27)

被害額は平均14万円 「ウイルスに感染している」ウソの警告で金銭をだまし取る「サポート詐欺」に注意
動画のやりとりが生々しい……。(2022/2/26)

「その警告画面は偽物です」 国民生活センターが「サポート詐欺」に注意喚起
国民生活センターは24日、PCの画面に偽のセキュリティ警告を表示し、サポート窓口をうたう番号に電話をかけさせる「サポート詐欺」について注意喚起を行った。(2022/2/24)

「しまむら」、iDやSuicaの利用で7300人に商品券が当たるキャンペーン
電子マネー推進検討会は、2月21日から「ファッションセンターしまむら」で利用促進キャンペーンを開催。対象の電子マネーで3000円以上(税込み)購入して応募すると、抽選で7300人に商品券が当たる。(2022/2/21)

事業者向け、キャッシュレス決済代行サービス「OmatomeOne」開始 大和ハウスフィナンシャル
 大和ハウスフィナンシャルは1月26日より、事業者向けのキャッシュレス決済代行サービス「OmatomeOne」(オマトメワン)を開始した。(2022/2/18)

クレカ積立を大転換する楽天証券 楠雄治社長が語る狙いと背景
楽天証券の戦略が転機を迎えている。新規顧客を獲得する最大の武器だったクレジットカードによる投信積立について、ポイント還元率を従来の1%から、多くのファンドで0.2%まで引き下げる。この背景には何があったのか? 楽天証券の楠雄治社長に聞いた。(2022/2/18)

UQ mobileとセットで中古iPhone SEが5800円に ゲオがキャンペーン
ゲオストアは、ゲオモバイル内「ゲオモバイル 格安SIM・モバイルネット」でUQ mobileの音声SIMと同時購入すると中古iPhone SE(第2世代)が5800円(税込み)になるキャンペーンを開催。期間は3月31日まで。(2022/2/16)

「Pocket Change」サービス再開、日本円硬貨の取扱いは終了に
 情報通信業のポケットチェンジ(東京都港区)は2月9日、長期メンテナンスを実施していた「Pocket Change」のサービス提供を再開すると発表した。また、サービス復旧時より日本円硬貨の取扱いを終了する。(2022/2/14)

海外出店も継続:
PPIH、第2四半期決算を発表 リニューアルしたPBが好調
ドン・キホーテなどを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は、2022年6月期第2四半期(21年7〜12月)の連結決算を発表した。国内ではリニューアルしたPBが好調に推移した。(2022/2/14)

海外旅行で余ったコインを電子マネーに交換できる「ポケットチェンジ」、日本円硬貨の取り扱い終了へ 小銭両替有料化などの影響で
小銭両替有料化の影響がこんなところにも……。(2022/2/10)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
iPhoneが決済端末に早変わり 「Tap to Pay」で何が起きる? 日本ではどうなる?
決済ジャーナリストの鈴木淳也さん(Jさん)に、Appleの「Tap to Pay」は何が画期的なのか、これからどうなるのかについて解説していただきました。(2022/2/9)

Pocket Change、日本円硬貨の取り扱い終了 「取扱量がサービス継続困難な水準に達した」
資金決済業者のPocket Changeは、現金を電子マネーに変換できる端末「Pocket Change」の日本円硬貨の取り扱いを終了する。「サービスを維持し続けていく上で日本円硬貨の取扱量がサービス継続困難な水準に達した」と説明している。(2022/2/9)

楽天証券のクレカ積立ポイント改定、「最初の目論見が外れた。ビジネスとしての正常化図る」
ここ数年で事業が大きく拡大した楽天証券。口座数は700万を超え、国内株式の売買シェアは29%に達し、SBI証券と二強の座を確実にした。一方で、急拡大の弊害も現れてきた。(2022/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。