ニュース
» 2010年06月08日 08時00分 公開

ミラノサローネ2010、Kartellが真っ黒に!(5/5 ページ)

[本間美紀,エキサイトイズム]
エキサイトイズム
前のページへ 1|2|3|4|5       

 また最近は家具以外の分野にも積極的だ。この「MOON」は月を半分に割ったような形状のフルーツボウル。シンプルなアイテムに見えるが、こういう複雑な「型」をつくれるカルテルだからこそ、販売できる商品だ。

エキサイトイズム
エキサイトイズム 「MOON」マリオ・ベリーニ 43センチ×15センチ

 プラスチックの家具というと「安くて軽快」と思う人も多いだろう。しかしカルテルの家具は、プラスチックといってもレベルが違う。なぜイミテーションが市場に出回らないのか? それは緻密なデザインを樹脂で実現するのは、容易に真似できるものではない。

エキサイトイズム

 逆説的にいえば、だからデザインが必要であり、製造にはイタリアのものづくりの魂が込められている。ゆえに真似されることもなく、品質とブランドを守り続けていられるのだ。

エキサイトイズム 「KING TOP」「TOP LESS」フィリップ・スタルク

 もちろん、その魂は「KARTELL GALLERY」として本店のギャラリーにも登場した吉岡徳仁氏のアクリル家具のシリーズ「THE INVISIBLES」にも見て取れる。

エキサイトイズム

 カルテルは、日本でもデザイン家具ブームの火付け役として一役買ったブランドだが、まだまだその進化は止まらない。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -