コラム
» 2011年10月21日 08時00分 公開

松田雅央の時事日想:EVのバッテリー交換ビジネスは成功するのか (3/3)

[松田雅央,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

 フランクフルト国際モーターショー2011で市販車をベースにEVを製造するGERMAN E-CARSのブースで取材したときのこと(関連記事)。ツェルマットの例を引き合いに出してバッテリー充電交換システムの将来性について尋ねたところ「ドイツで普及するとはとても考えられない」と言われた。

 断定するのは行きすぎと思うのだが、現状を総合するとバッテリー充電交換システムは課題が複雑で先行不透明と言わざるを得ない。もしバッテリー技術が長足の進歩を遂げて充電時間が10分程度に短縮されたら、システムの存在意義自体が失われてしまう。そこまではいかないという前提で考えた場合、普及の鍵はリチウムイオン電池の今後の値下がり具合と、どれだけのメーカーがスタンダード化に賛同するかという点にありそうだ。

ツェルマットのバッテリー充電交換ステーション
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -