ニュース
» 2011年11月28日 18時00分 公開

震災後、どんな乗り物が売れた?(2/2 ページ)

[Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

“第3のエコカー”に注目

 クルマの売れ行きにもちょっとした変化が出ている。震災後のガソリン不足、長引くガソリン高などの影響を受け、ハイブリッドカー(HV)並みの低燃費を実現したガソリン車“第3のエコカー”が注目されている。

 ダイハツの「ミラ イース」は実燃費に近いJC08モードでリッター30キロメートルを達成。9月に発売し、1カ月で約4万台を受注した。また価格も79万5000円からと、低価格を実現。低燃費&低価格――この2つのポイントが消費者から支持されたようだ。

ダイハツの「ミラ イース」(出典:ダイハツ)

 このほか第3のエコカーで注目されているのはマツダの「デミオ」。JC08モードでは25キロを実現した。2012年には、三菱から「ミラージュ」の販売が予定されており、クルマの“低燃費戦争”は今後も続きそうだ。

クルマを選ぶ際のポイント

 自動車メーカー各社が低燃費戦争にしのぎを削る一方で、消費者はどのようなクルマを求めているのだろうか。マーケティング会社のシタシオンジャパンと関西学院大学の鈴木謙介准教授は、震災後の価値観について調査を実施(関連記事)。その結果、クルマを購入するときには「動力源」や「燃費」への関心が強くなっていることが分かった。

 震災後、クルマ選びの際に重視する点を聞いたところ「動力源」(震災前15.3%、震災後31.9%)、「環境性能」(同18.8%、同28.7%)、「燃費」(同55.7%、同61.5%)などが上位にランクイン。その一方で「スタイル・デザイン」や「乗り心地」を重視する人は減少傾向に。震災前に「スタイル・デザイン」を重視していた人は32.5%だったが、震災後は7.4ポイント減の25.2%に落ち込んだ。

 低燃費を求めるのはクルマだけでなく、バイクの世界でも同じような現象が起きている。日本自動車工業会によると、2011年1〜8月の原付きバイクの販売台数は、前年同期比10.5%増の24万636台。2007年以来、4年ぶりに増加に転じた。

 震災後、乗り物でヒットした商品を見てみると「低燃費」「健康」といったキーワードが浮かび上がる。通勤手段を見直すビジネスパーソン、移動手段を見直す消費者。そんな人たちが、今後増えてくるのかもしれない。

関連キーワード

自転車


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -