コラム
» 2012年04月05日 08時00分 UPDATE

相場英雄の時事日想:“節目”は過ぎても、被災地の苦悶は変わらず……報じられないトラブルも (3/3)

[相場英雄,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

 こんな例え話をしたら、分かっていただけるだろうか。

 仮に読者の自宅の前で多重交通事故が発生し、多数の死傷者が出たとしたらどうか。もし、読者自身がその事故の瞬間を目撃し、かつ死傷者を目の当たりにしたら……。

 通常であれば、警察や消防の尽力で事故車は速やかに撤去される。だが、被災地はそんな通常の公的な支援が及んでいないのだ。

 当コラムの震災ルポの中でも触れたが、「がれきや廃車の山を見るたび、鮮明にあの日の光景や悲鳴が蘇る」(同)向きは少なくない。被災地の苦悶は、なおも続いている。

yd_aiba2.jpg 岩手県陸前高田市では今も廃車が山積みになっている(撮影:2011年7月)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -