コラム
» 2012年05月25日 08時01分 公開

鉄道自殺は増えていない。自殺全体が増えている杉山淳一の時事日想(5/5 ページ)

[杉山淳一,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ホームドア、ホーム柵の設置

山手線に設置されている青色LED(場所:田町駅)

 鉄道自殺について、鉄道会社がさまざまな取り組みをしている。ひとつはホームドア、ホーム柵の設置である。出来心に向かう死にとって、この壁はとても大きいはずだ。その効果については統計データがあり、以前、私が書いたコラム『なぜ駅にホームドアの設置が進まないのか』で紹介させていただいた。

 もうひとつは、JRや一部の私鉄が実施している「青色LED照明」である。青い光には心を落ち着かせる効果があって、自殺を思い止めるかもしれないという。こちらの効果を測定したデータがないが、山手線の全駅に設置されているし、大手私鉄の一部の踏切にも見かける。なにもしないより、少しでも可能性を見いだせそうならやったほうがいい。

 私からは、死ぬ前に旅を勧めたい。憂んだ日常から離れ、普段とは違う体験をして、もういちど考えていただきたい。行った先がこの世であるかぎり、元の場所に帰らなくたっていいんだから。

編集部よりお知らせ

 現在、Business Media 誠では杉山淳一氏と共同通信の大塚圭一郎記者による対談『どうなる? 鉄道の未来』を連載中です。こちらも合わせてお楽しみください。

 →なぜ新幹線は飛行機に“勝てた”のか【第1回】

 →“LCC攻勢”が強まれば、鉄道会社はどうなるのか【第2回】

 →「鉄道ファン=良い客じゃない」――この構図にしたのは、誰か【第3回】


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -