コラム
» 2014年07月30日 07時00分 公開

それ聞いてどうするの? 面接珍質問の真相とはヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?(2/2 ページ)

[村田誠司(プロフェッショナルバンク),Business Media 誠]
誠ブログ
前のページへ 1|2       

珍質問が来ても動揺しないこと

 もう1つ重要なのは、珍質問が来ても動揺しないこと。動揺してアタフタと支離滅裂な回答とならないように、「正解は自分の中にある」と思って堂々と答えるといいだろう。

求人、求職及び求人倍率の推移(「一般職業紹介状況 平成26年6月分」 出典:厚生労働省)

 厚生労働省の発表によると、直近6月の有効求人倍率が、バブル崩壊以降最高の1.10倍だった。あらゆる企業で「人が足りない」「採用できない」という事態は深刻だ。ちなみに統計開始後の最高は、バブル真っ只中の1990〜91年の1.40倍だ。

 “歴史上最も求人が多いとされたバブル真っ盛りの年”に生まれた今の第二新卒者が、珍質問を含めた面接を乗り越え、新たなキャリアを積んでいく姿を見守りたいと思う。(プロフェッショナルバンク 村田誠司)

※この記事は、誠ブログの「それ聞いてどうするの? 面接珍質問の真相」より転載、編集しています。

 誠ブログでは、ブログを執筆してくださるブロガーを募集中です。詳細については、「誠ブログとは?」「FAQ」をご覧下さい。


関連キーワード

質問 | 面接 | 転職 | 求人 | 入社


前のページへ 1|2       
アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -