ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「転職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

「doda」のパーソルキャリア、副業マッチングサービス開始 「3年で2万社の利用目指す」
転職サービス「doda」などを提供するパーソルキャリアは企業と副業・フリーランス人材をマッチングするプラットフォームサービス「HiPro Direct」を始めると発表した(2022/5/25)

マイナビが調査:
正社員の初年度年収、平均454万円 1位「ITエンジニア」はいくら?
マイナビは運営する転職情報サイト「マイナビ転職」で「2022年4月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表した。正社員の初年度平均年収は454.7万円で、職種別では「ITエンジニア」が555万円でトップであることが分かった。(2022/5/26)

転職した理由は「もう転勤したくない」 何度も転勤させられた人が語るデメリットの数々に納得の声
転勤というシステムが現代にそぐわなくなってきた?(2022/5/26)

自分の成長に:
「管理職になってよかった」6割 女性管理職に、その理由を聞いた
転職サービス「doda(デューダ)」は、20〜50代の女性管理職を対象に意識調査を実施した。その結果、「管理職になってよかったと思う」と回答した人は……。(2022/5/23)

会社に勤める1200人にアンケート:
8割弱が職場でストレス 給与・仕事量への不満目立つ
転職やキャリアに関する情報サイト「キャリアバイブル」は、会社の「役員」もしくは「従業員」として勤めている約1200人を対象に「職場でのストレスに関するアンケート」を実施した。この結果、8割弱が少なからず職場でのストレスを抱えていることが分かった。(2022/5/23)

1万420人に聞く:
退職を伝えるタイミング 未経験者と経験者で大きな違いあり
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、「退職を伝えるタイミング」についてアンケートを実施した。上司・同僚・部下の困った辞め方は、「退職日が急すぎる」(50%)が最多となった。(2022/5/23)

1年で50万円年収が増加した職種も:
ギークリーが2022年4月度のIT転職市場レポートを公開
ギークリーは2022年4月度のIT転職市場レポートを公開した。それによると1年間で最も年収が上がった職種は「クリエイティブ」で、平均して50万円増加したことが分かった。(2022/5/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(89):
「期待通り」じゃなかった就職や転職、どうする?
春は就職や転職などで、新たな環境に身を置く人が多い季節です。夢や憧れを抱いて就職・転職したのに、期待していたイメージとは異なっていて選択を悔やんでいませんか? そんなとき、今後に向けた行動や気持ちの整理はどうしたらいいのでしょうか?(2022/5/18)

レバレジーズがITエンジニアの転職意識を調査:
2021年に転職した社会人エンジニアの割合は4%、転職先を決定する上で十分な企業数は? 内定数は?
レバレジーズは、ITエンジニアの転職意識調査の結果を発表した。2021年に転職した社会人エンジニアの割合は4%。社会人エンジニアは、自分に合う企業を吟味してから選考を受けている。(2022/5/17)

ベアの期待値も低く:
会社員の6割が「給料に不満」 預貯金以外では「生命保険」「投信」に人気
転職エージェントのワークポート(東京都品川区)は、20〜40代のビジネスパーソンを対象に給料への満足度や、資産形成に関するアンケート調査を行った。勤務先の給料に満足しているか聞いたところ、60.3%が「満足していない」と回答。給料の上昇に期待を抱けないことから、投資信託や株式など、預貯金以外の金融資産を保有する人も6割に上ることが分かった。(2022/5/16)

1位の「給与」は簡単に上げられない
ITワーカーを引き留めるカギは「転職理由」2位と3位の解決にあり
約70%のITワーカーが転職を考えている。その理由の1位である「給与」を上げるのは容易ではない。だが理由の2位と3位を改善すればITワーカーを引き留めるチャンスがある。(2022/5/12)

「ITエンジニアは転職した方が収入が増えるバグ」、数字からも明らかに 生涯年収に1000万円の差
転職の回数は、ITエンジニアの年収にどんな影響を与えるのか──転職サイトを運営するgroovesがこんな調査のデータを公開した。エンジニアは転職回数が増えるごとに給与が高くなる傾向があり、転職しない人と比べて生涯年収が1000万円近く変わるという。(2022/5/11)

サステナビリティやESGに取り組まない企業は消費者から見放される AIやテクノロジーの活用が鍵
日本オラクルの調査によると、日本企業のサステナビリティや社会問題への取り組みは「不十分」と考える人は9割を超え、そうした課題に積極的に取り組まない企業からは離職し、より重視する企業に転職したいと考える人は7割弱に及ぶことが分かった。(2022/5/11)

転職経験者に聞く:
過去に「ご縁がなかった」会社から、再スカウト──応募する?
MyReferは、転職経験が1回以上ある会社員の男女に、「過去不採用/辞退した会社からのスカウトに対する意識調査」を実施した。過去最終選考に進んだがご縁がなかった会社から再度スカウトの連絡があったらうれしい人は86.6%に上った。(2022/5/2)

揺らぐ「新卒一括採用」 学生・企業はどう思っているのか
日本企業では一般的に、卒業を控えた学生を限られた期間に大量採用する「新卒一括採用」が行われている。この手法はメリットも多い一方で、「転職市場の成長を抑制してしまう」「学生に過度なプレッシャーを与える」というデメリットも指摘されている。学生や企業は、どのように捉えているのだろうか。(2022/5/2)

20〜30代に聞く:
女性の転職理由1位 東京「年収アップ」、大阪「ワークライフバランス」
キャリアデザインセンターが運営するWebマガジン「Woman type」は、東京および大阪に在住&勤務する20〜30代の女性を対象に仕事や金銭感覚について調査。転職理由や貯蓄額に地域差が見られた。(2022/4/28)

女性677人に調査:
働く女性「ハラスメント感じた」8割超 過半数が我慢
女性向け転職サイト「女の転職type」を運営するキャリアデザインセンター(東京都港区)は、女性会員677人を対象に「職場のハラスメント」調査を実施した。何らかのハラスメントを感じたことがあるという人に、誰から感じたか聞いたところ、1位は「上司」(85.8%)だった。(2022/4/29)

名刺管理のEight、転職などキャリアフォーカスに刷新
Sansanは4月22日、個人向けの名刺管理アプリ「Eight」をキャリアプロフィールアプリに変更させていくことを明らかにした。転職時のEight利用や、企業が採用時にEightを使うことを促していく。「名刺を捨てるわけではないが、キャリア機能にフォーカスしていく」(2022/4/22)

「IT企業ではない事業会社」でエンジニアの内定数が増加:
「年収501万円以上の即戦力層」の採用ニーズが高まっている ギークリーがIT転職市場に関する分析結果を発表
ギークリーは2022年3月度の「IT転職市場レポート」を発表した。2022年1〜3月の内定数が、2021年10〜12月に比べて56ポイント増加していることが分かった。(2022/4/21)

キャリアニュース:
「コロナ禍のテレワーク」調査、テレワーク経験者は2019年の約10倍に
総合求人サイト「エン転職」が「コロナ禍のテレワーク」についての調査結果を発表。「テレワーク経験者」は31%で、新型コロナウイルス感染症拡大前の2019年と比べて約10倍に増加した。テレワークのメリット1位は「通勤ストレスがない」だった。(2022/4/21)

「無職になると税金っていくらかかるの?」 質問に答えるだけで金額がざっくり分かるWebフォーム 個人開発者が開発
転職検討中の人ならば一度は考える無職期間の懐事情。保険料や税金、年金などをどのくらい負担しなければならないのか。それらの負担を一括で計算してくれるサービス「quitcost」(クイットコスト)をある個人開発者が開発した。(2022/4/20)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(97):
パワハラされてリストラされたので、転職サイトに書き込んでやりました
毎日のように怒鳴られ、発言を禁止され、最後はコスト削減のためにリストラされた。この恨み、晴らさでおくべきか!(2022/4/18)

変化する子育てへの意識:
理想の育休取得パターン、「妻メイン」「妻・夫で同じくらい」 それぞれの理由は?
「マイナビ転職」は、ワーキングマザーの働きやすさに関する意識調査を実施した。理想の育休取得パターンは「妻メイン」「妻・夫で同じくらい」など。それぞれの理由は?(2022/4/14)

Job総研調べ:
新入社員の8割、初任給に「満足」 平均額はいくら?
キャリアや就職・転職全般に関する研究や各種調査を行う機関「Job総研」を運営するライボが新入社員を対象に「2022年 初任給実態調査」を実施した。(2022/4/6)

全体的に増加傾向:
転職時に年収が上昇した職種、2位は「販売・サービス系」、1位は?
「決定年収上昇率ランキング(職種版)」をの結果を発表した。年収が最も増加したのは「クリエイティブ系」だった。次いで「販売・サービス系」「技術系(メディカル・化学・食品)」という結果に。(2022/4/6)

女性会社員に聞く:
新卒に戻れるなら、同じ会社に入らないが約6割 会社選びで重視する内容にも変化が
キャリアデザインセンターが「女の転職type」の会員に、「もし新卒に戻れるならどんな会社、仕事を選ぶか」について調査した。新卒時に希望の会社に入れたかを聞いたところ、最も多かったのは「とくに希望はなく受かった会社に入った」だった。(2022/4/6)

働き方ビュッフェ世代:
新入社員の6割、入社前から「転職に興味あり」 その理由は?
電話代行サービス「fondesk」を手掛けるうるるが「働き方とキャリアプランについて」の調査を実施した。(2022/4/4)

転職率は過去6年間で最高に:
転職率増加の要因は「コロナ禍で転職活動する時間が増えた」ため マイナビが転職動向の調査結果を発表
マイナビは「転職動向調査2022年版」を発表した。2021年の転職率は過去6年間で最も高いことが分かった。(2022/3/29)

ワークポート調べ:
「18歳で成人」は、早いか遅いか ビジネスパーソンの意見は?
総合転職エージェントのワークポートは、20〜60代のビジネスパーソンを対象に、「成人年齢引き下げ」に関する意識調査を実施した。18歳で成人を迎えることに、どのような意見が寄せられたのか。(2022/3/28)

早慶・MARCHも発表:
23卒東大・京大生が選ぶ「注目企業ランキング」 トップ3は同じ結果に
就職・転職の口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワーク(東京都渋谷区)は「23卒就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【大学別編】」を発表した。(2022/3/24)

キャリアニュース:
転職理由ランキング、1位は「給与が低い・昇給が見込めない」
転職サービス「doda」が「転職理由ランキング」を発表した。総合1位は「給与が低い・昇給が見込めない」で、評価や昇給に関する不満が3位までを占めた。(2022/3/24)

就職人気から占う今後のIT業界:
23年卒の東大・京大生が注目する企業 3位ソニー、2位アクセンチュア 1位は?
2023年に卒業予定の東大生や京大生は、どんな企業に注目し企業研究を始めているのか。社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークは調査結果を発表した。(2022/3/23)

転職を伴わない地方移住の増加:
地方移住で「減収は考えられない」3割 実際、年収は減るの?
地方移住に関する調査を実施した。「転職なき移住」が半数を占め、約6割は「年収に変化なし」と回答。18.0%は増収したと回答した。(2022/3/23)

転職時の“決定年収”上昇率、業種別で3位はIT・通信、2位はネット・メディア 1位は?
転職時の「決定年収」が最も上昇した業種はどこか。転職サービス「doda」が調査したところ、「総合商社」が2019年と比較して9.9ポイント上昇。2位は「インターネット/広告/メディア」で7.2ポイント、3位は「IT/通信」で5.4ポイント上昇した。(2022/3/17)

泣き寝入りも多数:
職場でパワハラ経験66% 「精神的な攻撃」が最多
職場でパワハラ被害を受けたことがある人は7割弱――。そんな結果が、転職エージェントのワークポートの調査で分かった。(2022/3/17)

男女で違い:
転職した理由を聞いた 2位「昇進が望めない」、1位は?
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアは「転職理由」の調査を実施し、その結果をランキング化した。転職経験者に聞いたところ……。(2022/3/15)

コロナ前後で比較:
「転職時の決定年収」が上がった業種、2位「インターネット/広告/メディア」、1位は?
パーソルキャリアの運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、コロナ前後での「決定年収上昇率ランキング(業種版)」を発表した。上昇率約10%で1位となった業種は?(2022/3/14)

「子育て」「介護」「地方在住」でもキャリアを諦めない:
PR:多様な働き方とキャリアアップ・スキルアップを実現 今こそ、マイクロソフトで働く意義とは
マイクロソフトといえば、言わずと知れた「外資系企業」。一般的に、外資系企業といえば、シビアな成果主義や個人主義の風土で、ドライな働き方を想像するが、日本マイクロソフトは違う。異業種、そして同社と同じく外資系企業から転職してきた2人が語る、今、日本マイクロソフトで働く意義や実現できるキャリアとは。(2022/3/14)

「異業種・異職種へ転職した」理由ランキング 「仕事内容」「労働環境」の不満を上回る1位は?
 ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、異業種または異職種への転職経験がある500人を対象に「異業種・異職種への転職理由に関する意識調査」を実施した。その結果、転職した理由のトップは「異業種・異職種への興味」(90人)だった。(2022/3/7)

パーソルキャリア調べ:
転職した人の平均年齢、2021年は若手層の割合が増加 理由は?
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」が、dodaエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約28万人の転職した年齢について調査を実施した。(2022/3/4)

ビズヒッツ調べ:
仕事を辞めて転職活動をするメリット 「日程調整しやすい」「リセットできる」を抑えた1位は?
ビズヒッツは「仕事を辞めてからの転職活動に関する意識調査」を実施した。(2022/3/2)

給与に不満:
年収600万円以上のZ世代、55.9%が「転職」検討中 理由は?
みんなのエージェントが実施した「Z世代の転職意識」によると、約半数が転職を検討していた。転職理由や転職先に求める条件とは?(2022/2/28)

ミドル&シニア活用が企業の急務に?:
50代の転職後年収が上昇中 「35歳転職限界説」はもはや過去のものか
転職市場を巡って、かつては「35歳限界説」もあったものだが、昨今50代の転職後年収が上昇中だという。その背景には、何があるのか。(2022/2/28)

精神的なゆとり:
働きながら転職活動するメリットの1位は「収入が途切れない」、デメリットは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、働きながら転職活動をしたことがある人を対象に「働きながらの転職活動に関する意識調査」を実施した。その結果……。(2022/2/25)

不安だったことも聞いた:
上京して転職した理由 2位は「東京への憧れ」、1位は?
ビズヒッツは、上京転職の経験がある人に、「上京して転職した理由に関する意識調査」を実施した。「上京して転職した理由」の1位は「地方より仕事が多い」だった。(2022/2/25)

男女で理由に違い:
育休中、男女ともに「3人に1人」が転職を検討──なぜ?
育児休暇中の男女のおよそ3人に1人が、転職を検討したことがあるという。その理由とは?(2022/2/24)

産業動向:
施工管理は減少、dodaが2021年コロナ禍の職種別「平均残業時間」調査
転職サービス「doda」が行った2021年コロナ禍の職種別「平均残業時間」の調査によると、デジタル化の拡大などにより「施工管理」の残業時間は前回より5.1時間減ったことが分かった。(2022/2/24)

約7割が「転職後に後悔」:
求人情報で「怪しい」と感じたワード 3位「ノルマなし」、2位と1位は?
従業員向け研修などを展開する識学が、「中途採用に関する調査」を行った結果、転職後に「こんなはずではなかった」と感じている人が約7割いることが分かった。(2022/2/21)

就職人気から占う今後のIT業界:
ITエンジニア「35歳定年説」に変化 転職市場で40歳以上の需要が上昇したワケ
少し前まで、ITエンジニア「35歳定年説」といった言葉がささやかれていたが、ITエンジニア向け転職プラットフォームを手掛ける「paiza」の調査によると、採用されたエンジニアのうち、40歳以上の割合が右肩上がりで伸びているという。(2022/2/18)

収入を増やしたい:
転職希望者の4割が「安定収入を希望」、現職の不満は?
就職・転職向けサイトを運営するオープンワークは、転職活動経験者へアンケート調査を実施した。「安定した収入がある仕事に就きたい」と答えた人の割合は……。(2022/2/17)

PR:転職エージェント ワークポート 職種に応じた専門の転職サポート、無料の転職相談


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。