ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「転職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

関連キーワード

ソフトバンクが楽天を提訴 「1000億円」損害主張 弱みの通信網整備に逆風
ソフトバンクが、5G通信などの機密も持ち出したとして、元社員と転職先の楽天モバイルに対し、10億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。訴訟の行方は楽天モバイルが展開する通信網に影響する可能性がある。(2021/5/10)

ソフトバンク、楽天モバイルと元社員に1000億円規模の訴訟 まず10億円の支払いなどを請求
ソフトバンクが、楽天モバイルと元社員に対して10億円の損害賠償などを求める民事訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表。元社員が転職先の楽天モバイルに5G通信などに関する営業機密を持ち出した件を巡り、営業上の利益が侵害されたと主張している。(2021/5/6)

ソフトバンクが楽天モバイルと同社元社員を提訴 営業秘密の利用停止や廃棄などを求める
ソフトバンクから楽天モバイルに転職した人物が営業秘密を持ち出した事案に関連して、ソフトバンクが楽天モバイルと当該人物に対する訴訟を提起した。営業秘密の利用停止や破棄と、損害賠償の一部の支払いを求めている。【追記】(2021/5/6)

GoogleからAppleへAI人材移籍再び AI部門の研究マネジャーだったサミー・ベンジオ氏がAppleに転職
同じくGoogle出身の機械学習&人工知能担当上級副社長の下で働くという。(2021/5/6)

面接官の対応が重要:
就職や転職の面接、志望度が上がるのはどんなとき? 20代に調査
優秀な20代を採用したいと考えている人事担当者は多いはず。面接時にどのようなことに注意すべきか。学情が調査を実施した。(2021/5/1)

年収800万円台の転職経験者 75%が「副業を行っている」と回答
ウォンテッドリーが1年以内に転職した267人にアンケートを実施し、回答をまとめた。(2021/4/28)

「父が“反韓系YouTuber”にハマった」 息子の苦悩と打開策
転職を機に、“反韓系YouTuber”にハマってしまった父。テクノロジーに弱いわけではない彼が、なぜ偏った思想にのめり込んでしまったのか。そしてそんな父に、息子である筆者が父はどう働きかけたのか。(2021/4/27)

コロナ禍で転職した理由ランキング 3位「勤務形態の柔軟性」、2位「自己成長性」 1位は?
ウォンテッドリーが1年以内に転職した267人にアンケートを実施し、回答をまとめた(2021/4/24)

キャリアニュース:
転職先選びにテレワークができるかどうかが「影響する」と36%が回答
「エン転職」が「コロナ禍でのテレワーク」についてのアンケート調査結果を発表した。現在テレワークをしている人は回答者全体の18%に留まった。また、テレワークができることが転職先選びに「影響する」と36%が回答した。(2021/4/23)

テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【後編】
“テレワーク離職”を本気で防ぎたい企業がやるべきことは?
テレワーカーの競合への転職を防ぐ手段に「競業避止契約」がある。ただし米国ではこうした契約を禁止する法律が生まれ始めた。こうした中、企業が人材流出を防ぐためにやらなければならないことがある。それは何か。(2021/4/23)

第2新卒の転職市場、コロナ禍でどう変化:
20代の過半数が「コロナ禍で転職に影響」 具体的にどんな影響があった?
就職サイト「Re就活」を運営する学情が、コロナ禍による転職活動への影響を調査。その結果、20代の過半数が「影響あり」と回答した。具体的にどんな影響があったのか。(2021/4/22)

”転職の面接でされた質問”ランキング 3位「職務経歴・経験した仕事内容」、2位「志望動機」 1位は?
ビズヒッツが「転職の面接に関する意識調査」を行い、転職面接での質問や面接対策についてのアンケート結果を発表した。(2021/4/18)

利用には前向き:
週休3日制「給与が減っても利用したい」が20% 導入で取り組みたいことの1位は?
就職・転職情報企業の学情が「週休3日制」について意識調査を実施した。(2021/4/16)

これからの採用戦略を考える(3):
オンボーディングは「内定承諾時から始まっている」! 入社辞退・早期退職を防ぐコツ
転職が一般的になり、オンボーディングの重要性が高まっている。入社時代や早期離職を防ぐため、内定承諾時から計画的にコミュニケーションをとることが大切だ。人事はどのような施策を行うべきか。(2021/4/16)

テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【前編】
テレワークで活発化する「優秀な社員の引き抜き転職」 食い止める方法とは?
場所にとらわれない働き方を実現するテレワークの導入が拡大している。遠隔地の人材を採用できるメリットもあるが、同様に他社から自社の人材を引き抜かれるリスクも高まっている。企業はどのような対策ができるか。(2021/4/16)

キャリアニュース:
求職者の5割以上は職務経歴書が不十分、転職コンサルタントの3割超が回答
転職サイト「ミドルの転職」が「職務経歴書、履歴書のポイント」についてのアンケート調査結果を発表した。回答した転職コンサルタントの36%が、職務経歴書、履歴書の内容が不十分な求職者が「5割以上」いると感じていることが分かった。(2021/4/15)

転職時に相談した人は?:
「転職先の決め手」ランキング 3位「勤務時間・休日数」、2位「収入」、1位は?
中途採用で苦戦する人事担当者も多いのでは。「転職先の決め手」について500人に調査した。1位になったのは……。(2021/4/13)

全否定されたような感覚:
転職活動でしんどかったこと1位は「不採用が続いた」 成功に向けて工夫したことは?
転職活動を乗り越えてきた人たちは、どのようなしんどさを体験し転職活動を上手に進めるためにどのような工夫をしてきたのだろうか。(2021/4/8)

キャリアニュース:
コロナ禍での残業時間の実態調査、最も残業が減った職種は「基礎研究」
転職サービス「doda」が、コロナ禍での「職種別の残業時間の実態」に関する調査結果を発表した。1カ月あたりの平均残業時間は20.6時間で、緊急事態宣言前である2020年1〜3月の平均28.1時間と比べて、7.5時間短くなっていることが分かった。(2021/4/8)

転職の満足度は?:
新卒1年未満で転職した理由ランキング 3位は「仕事内容が合わない」、2位は「長時間労働・休日への不満」、1位は……
新卒社員を迎えた職場も多いのでは。一方、1年未満で転職する人もいる。どういった理由で転職することが多いのか?(2021/4/7)

精神的苦痛を感じる:
仕事を「辞めたい」と思う会社員は35% 「他にやりたいこと」や「仕事量」を抑えて最多となった理由は?
20歳以上の会社員に「仕事を辞めたいと考えていますか?もしくは転職を検討していますか?」と尋ねたところ、35.8%が「はい」と答えた。いったなぜ?(2021/4/5)

事務職から転職した理由ランキング 3位「給料への不満」、2位「仕事内容への不満」 1位は?
ビズヒッツが事務職から異職種へ転職したことへの意識調査を実施。経験者の86%が転職を肯定的に受け止めていた。(2021/4/3)

キャリアニュース:
応募前に転職先と話せず、「とりあえず応募した」と約8割が回答
採用プラットフォーム「bosyu Jobs」が、転職活動における応募前の実態調査の結果を発表した。応募前に企業と話したかったが「話せなかった」と52.7%が回答し、企業のことが分からないまま、とりあえず応募した人が79.7%いることが分かった。(2021/4/1)

8割近くが妥協している:
転職先の条件で妥協したこと 3位「勤務地」、2位「就業時間」、1位は……
転職をしたものの、新しい職場に失望してまた転職……。理想の職場が見つからず、妥協して決めた……。という人も多いのでは。どのような点に妥協したのだろうか。(2021/3/31)

新卒ほどは高くない:
転職したい20代の4割「応募時に『テレワーク』を重視」 「デメリットを感じる」という意見も
20代転職希望者の41.6%が「応募時に『テレワーク』の制度を重視する」──学情がそんな調査結果を発表した。2022年卒学生(57.2%)よりも、15.6ポイント低い結果だった。(2021/3/25)

キャリアニュース:
2月の求人掲載数は前年同月比99%、IT系への応募が増加
「マイナビ転職」が「2021年2月度 正社員求人掲載数・応募数推移レポート」を発表した。掲載数は前年同月比99.4%、応募数は同96.7%だった。また、2018年平均と比べると、「IT、通信、インターネット」業種は特に応募数の上昇率が大きかった。(2021/3/25)

個人の将来を重視:
コロナ禍で転職理由に変化 「社内の雰囲気」や「人間関係」を抑え1位になったのは……
パーソルキャリアは、2020年4月の緊急事態宣言前後に転職したビジネスパーソンを対象に転職理由の調査を実施。その結果を発表した。(2021/3/22)

「転職動向調査2021年版」:
2020年は転職が鈍化、一方で「コロナで転職活動に積極的になった」という意見も マイナビが調査結果を発表
マイナビが発表した「転職動向調査2021年版」によると、2020年の転職率は対前年比2.1ポイント減の4.9%。転職率は2016年以降増加傾向にあったが、2020年は減少に転じた。(2021/3/22)

二極化:
アパレルで働く人の平均年収は「341万円」、職種別は?
アパレル業界で働く人は、どのくらいの給与を手にしているのだろうか。ファッション業界専門の転職支援サービス「クリーデンス」が調査したところ、平均年収は341万円であることが分かった。(2021/3/19)

転職調査:
異業種への転職率は48.8%、フードサービスからは?
新型コロナウイルスの影響で、転職に積極的になった人はどのくらいいるのだろうか。2020年に転職した人に聞いたところ……。(2021/3/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(75):
新たな環境へ飛び込むの、不安だよね?
春は仕事の環境が変わりやすい季節です。入社や転職、役職変更など、新たな環境に身を置く人もいるでしょう。そんなとき、不安をはじめとしたネガティブな気持ちに引っ張られずに仕事をするためには、どうしたらいいのでしょうか?(2021/3/17)

アスタミューゼ調べ:
コロナ禍で転職に「積極的」な人が急増 企業に求めるものは”給与アップ”が後退
専門人材のマッチングなどを手掛けるアスタミューゼは、転職希望者を対象にしたアンケート結果を公表した。(2021/3/8)

NewsPicks Studios金泉俊輔CEOに聞く【後編】:
40代で出版社からWebメディアにミドル転職 元週刊誌編集長がNewsPicksで追い求める新しいメディアの形
ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。(2021/3/5)

キャリアニュース:
転職者の平均年齢は32歳、男女ともに調査開始以来最も高い年齢に
転職サイト「doda」が「転職成功者の年齢調査」の結果を発表した。2020年に転職した人の平均年齢は32.0歳で、男女ともに調査開始以来最も高い年齢となった。2020年に転職者が増えた職種は「技術系」のIT、通信分野で、全ての年代で増加した。(2021/3/4)

コロナ禍でも業績好調:
オンデーズ、中途採用枠を100人に増員 アパレルや飲食業経験者などが対象
メガネ・サングラスの製造販売を手掛けるOWNDAYSは2月24日、中途採用枠を100人に増員すると発表した。主な対象は、アパレルや飲食業界などからの転職希望者としている。(2021/2/25)

営業秘密流出、情報入手側に訴訟リスクも 「持ち込ませぬ」対策急務
ソフトバンクの元社員が楽天モバイルに転職した際に営業秘密を持ち出したとして逮捕された事件は、デジタル社会の負の側面を顕在化させた。高額な損害賠償を求められるなど入手した側のリスクも大きく、持ち込ませないための対策も急務となっている。(2021/2/24)

コロナ禍で即戦力求める傾向:
2020年に転職した人の平均年齢は? 08年以降で最も高齢に
パーソルキャリアによると、2020年に同社のサービスを利用して転職した人の平均年齢は32.0歳。コロナ禍で即戦力人材を求める傾向が強まり、調査を開始した08年以降で最も高くなった。(2021/2/22)

社会人の転職に関する調査 2人に1人は転職を経験、入社1日で見切りをつける20代が1割
20〜60代の社会人男女500人を対象とした転職事情に関するアンケート調査。入社1日で見切りをつける20代が1割を占めた。(2021/2/20)

企業選びの軸に変化:
コロナ禍の転職、企業選びの軸を1万人に聞いた結果 2位は「企業・事業の将来性」、1位は……
コロナ禍で企業選びの軸はどう変わったのか。人材サービスを手掛けるエン・ジャパンが調査を実施し、1万1536人から回答を得た。最も重視されているのは?(2021/2/18)

1位の年収は763万円:
30歳時点の出身大学別年収ランキング 3位は「慶應」、2位は「一橋」、1位は?
転職・就職のための情報口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワークは、出身大学別の想定年収ランキングを発表した。(2021/2/17)

面接官はなぜ、現在の年収を聞くのか:
転職すれば、年収アップするわけではない
アフターコロナの年収向上戦略。最終回は、筆者が(無駄な転職をした)体験から得た教訓と学びを共有する。底辺から脱出するためにエンジニアに必要な能力とは――。(2021/2/15)

コロナ禍で変化した「今後のキャリア像」:
転職よりも副業を優先? ライブルベースが「プログラミングに対するイメージ・意識調査」
ライブルベースが実施した「プログラミングに対するイメージ・意識調査」によると、調査対象の約半数がコロナ禍をきっかけに副業を考えていることが分かった。(2021/2/9)

入社後のイメージがつかめるか:
20代の転職で不安なことは? 3位は「企業になじめるか」、2位は「仕事内容が希望と合致しているか」、1位は……
20代の転職希望者はどんなことに不安を感じているのか。就職情報サイトなどを運営する学情が調査を行った。その結果は?(2021/2/4)

業種や職種別は?:
12月の平均初年度年収 前年比8.1万増加 コロナ禍で「経験者求人」増が影響
マイナビは、同社が運営する転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載した求人の「平均初年度年収」の推移レポ―トを発表した。(2021/2/4)

女優の松浦雅、芸能界引退でトリマーに転職へ 体調悪化に「一人で完治を目指すことは不可能」と判断
2014年放送のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」でデビューした松浦さん。(2021/2/1)

なりふり構わぬ転職先への「手土産」……5G情報流出事件、他業種でも高まる懸念
ソフトバンクから楽天モバイルに転職した技術者の男が、5Gに関するソフトバンクの営業秘密を流出させたとして逮捕された。転職時に情報を流出させる事件は後を絶たない。専門家は、社員のモラル意識の醸成と物理的なシステム整備が重要と訴える。(2021/1/29)

年収1000万円以上のハイクラス人材調査 3分の1が「副業月収20万円以上」
パーソルキャリアが運営する「iX転職」は、年収1000万円以上200人と年収300万円〜600万円未満200人のビジネスパーソンを対象に、「副業」に関する調査を実施した。(2021/1/28)

コロナ禍でも企業はフォローを:
冬の賞与から1カ月、20代転職希望者の動きが活発化? 賞与と転職の関係
冬の賞与から1カ月以上が経過し、20代の転職希望者の動きが活発しているようだ。20代専門の転職サイト「Re就活」を運営する学情が「冬の賞与と転職」について調査した結果「賞与は転職を考えるきっかけになる」と考えている人が63.3%にのぼったことが分かった。(2021/1/28)

内定承諾前に知りたいことを「聞けなかった」が6割 その理由は?
転職サイト「bosyu Jobs」を運営するキャスターは、bosyu Jobsを利用する200人に「内定承諾時の納得度」に関するアンケートを実施。約6割が、内定承諾前に知りたいことを「納得できるまで聞けなかった」と感じていることが分かった。(2021/1/28)

他業種でも高まる懸念:
なりふり構わぬ転職先への「手土産」 5G情報流出事件
ソフトバンクの5Gの移動通信システムをめぐり、楽天モバイルに転職した技術者の男が、大容量で高速通信が可能な5Gなどに関するソフトバンクの営業秘密を流出させたとして1月、警視庁に逮捕された。業界の技術競争激化の一端も浮き彫りになったが、転職時に情報を「手土産」として流出させる同種事件は後を絶たない(2021/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。